「寂しい女」ジェニファー・アニストン、孤独を乗り切る秘訣はユーモア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月7日 > 「寂しい女」ジェニファー・アニストン、孤独を乗り切る秘訣はユーモア
メニュー

「寂しい女」ジェニファー・アニストン、孤独を乗り切る秘訣はユーモア

2009年8月7日 12:00

こんなにキュートなのに、なぜ男運悪い?「フレンズ」

こんなにキュートなのに、なぜ男運悪い?
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 40歳になったジェニファー・アニストンが、米エル誌最新9月号の表紙を飾り、インタビューに応じた。

アニストンといえば、代表作「フレンズ」で演じたレイチェル同様、明るくキュートなオール・アメリカン・ガールとして絶大な人気を誇る一方で、プライベートではブラッド・ピットとの離婚以降、ビンス・ボーンやジョン・メイヤーと交際したが長続きせず、恋愛面では恵まれない印象を抱いている人も多い。

それについて、アニストンは、「過去の古傷から目を背けようとは思わないし、それと共存することができていると思っている。私は大丈夫なの」と力強く言いきる。「もし私が、『寂しいなりに、日々をそれなりに強く生きている女の象徴』みたいに思われているとしたら、それで構わないわ」

同時に、「やはり恋愛がうまくいかずに心が弱くなっている人たちをサポートできる存在でありたい」とコメント。そして、「私は自分を自分で笑うことができるから」と、ユーモアを忘れないことが、困難な時期を切り抜ける秘訣だと明かした。

そんなアニストンの人格形成に多大な影響を与えたのが、彼女の母親の「ときに残酷すぎるほどの正直さ」だったという。「私が7歳のとき、ママに私も(当時の親友だった)モニークと同じぐらい可愛い?って聞いたことがあるの。そしたら母は、『あら、あなたはとても面白い子だわ』って答えたの。母は嘘をつかずに、質問に直接答えることなく私の最大の長所を教えてくれたのね」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi