地下鉄ハイジャック映画「サブウェイ123」が都営大江戸線をジャック! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月4日 > 地下鉄ハイジャック映画「サブウェイ123」が都営大江戸線をジャック!
メニュー

地下鉄ハイジャック映画「サブウェイ123」が都営大江戸線をジャック!

2009年8月4日 12:00

ドキドキの乗車体験が味わえそう「激突!」

ドキドキの乗車体験が味わえそう
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 8月1日、都営地下鉄大江戸線に映画「サブウェイ123/激突」(9月4日公開)のビジュアルを車体全面にラッピングした8両編成の車両が登場し、乗客の注目を集めている。

映画は、ニューヨークの地下鉄ペラム行き123号をハイジャックした犯人グループが、乗客を人質に身代金1000万ドルを要求し、成り行きからその交渉役を担うことになった地下鉄運行指令係との駆け引きが描かれるサスペンス。運行指令係ガーバーを演じるデンゼル・ワシントン、ハイジャック犯ライダー役のジョン・トラボルタという2大俳優の「激突」が見どころで、監督は「クリムゾン・タイド」「マイ・ボディガード」などデンゼル・ワシントンと4度目のタッグとなるトニー・スコットが務めている。

配給元のソニー・ピクチャーズは、「地下鉄を舞台にしている映画なので、ぜひ地下鉄とコラボレーションしたいと考えました。中でも本編で描かれているのがニューヨーク市の地下鉄ということで、日本ではぜひ東京都の管轄である都営地下鉄で、かつ駅数・利用者数も多い大江戸線でラッピングライナーを走行させたいと思いました」と経緯を説明。地下鉄がハイジャックされるという映画だが、「実際に交通局の担当の方に映画をご覧いただいたところ、地下鉄職員が乗客を守る懸命な姿が描かれていたため、本企画が実現しました」

サブウェイ123/激突」のビジュアルがラッピングされた車両は、8月の1カ月間、都営地下鉄大江戸線を走行する。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi