大人顔負けの歌唱力にキュートなルックス!天才ジャズ少女“ニッキ”デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月4日 > 大人顔負けの歌唱力にキュートなルックス!天才ジャズ少女“ニッキ”デビュー
メニュー

大人顔負けの歌唱力にキュートなルックス!天才ジャズ少女“ニッキ”デビュー

2009年8月4日 11:37

夢はビヨンセのような世界的スター

夢はビヨンセのような世界的スター
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カナダで国民的人気を誇る15歳の天才少女ジャズ・シンガー“ニッキ”が8月3日、都内のジャズ・バーでショーケース・ライブを行い、大人顔負けの歌唱力とキュートなルックスで日本の音楽関係者を魅了した。

ニッキは、06年のモントリオール国際ジャズ・フェスティバルに12歳にして出演し、10万人の観客を前に鮮烈にデビュー。同じ年に名門ヴァーヴ・レーベルから発売されたエラ・フィッツジェラルドのトリビュート作に同レーベル史上最年少で参加。同作でダイアナ・クラールナタリー・コールチャカ・カーンらのスターと肩を並べ、世界中のジャズ・ファンの注目を集める存在となった。

母国・カナダでは昨年10月、07年に行ったエラ・フィッツジェラルドのトリビュート・ライブの模様を収録したライブ・アルバムでCDデビュー。同アルバム「ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング」が、日本でも7月22日にユニバーサル クラシックス&ジャズより発売される。

今回は、現在開催中のジャズ・イベント「サッポロ・シティ・ジャズ 2009」への出演をかねて初来日。ショーケース・ライブでは、デビュー・アルバムにも収録された「虹の彼方に」「オールド・マクドナルド」など全9曲を披露した。

堂々たるパフォーマンス後は、「日本はきれいで食べ物が美味しい! 北海道では、魚の卵とか地元にはないシーフードに挑戦した。カレースープも食べた!」と天真爛漫。現在、巨匠フィル・ラモーンをプロデューサーに迎え、全世界デビュー・アルバムをレコーディング中で、「ビヨンセだって大好き! いろんな音楽を吸収したい」と目を輝かせた。

10月27日に東京・銀座の歌舞伎座で開催されるジャズ・イベント「第5回ギンザ・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル 2009」への出演が決まっている。(映画.com×文化通信.com)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi