ロカルノから世界へ、神木隆之介も大興奮!「サマーウォーズ」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月3日 > ロカルノから世界へ、神木隆之介も大興奮!「サマーウォーズ」初日
メニュー

ロカルノから世界へ、神木隆之介も大興奮!「サマーウォーズ」初日

2009年8月3日 12:00

大家族の食事シーンだけでも見もの!「サマーウォーズ」

大家族の食事シーンだけでも見もの!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「時をかける少女」の細田守監督最新アニメ映画「サマーウォーズ」が8月1日に初日を迎え、東京・新宿のバルト9で、声優を務めた神木隆之介桜庭ななみ富司純子、細田監督が舞台挨拶を行った。

本作は、高校生の健ニ(神木)が、憧れの先輩の夏希(桜庭)に誘われ、夏希の田舎である信州へ。そこで彼は夏希の27人の大家族と共に、仮想空間OZでの事件がもたらした世界の危機に立ち向かうというストーリー。

アフレコは何度か経験済みの神木は、今回ならではの体験として「食卓のシーンは出演者30人が集まって録った。現場の温かい空気が映画で伝わっているはず」とコメント。一方、アフレコ初体験の富司が「感情を入れるのが難しかった。みんなお上手で、自分だけ浮いてる気がしまして」と謙遜すると、監督は「富司さんと作品を作れる、こんな幸せなことはない。映画をやってて良かったなと思いました」と、往年の東映の看板女優でもあった大ベテラン女優との共作を振り返った。

現役高校生の神木と桜庭は、映画にちなんで「夏に挑戦したいこと」を聞かれると、「今ハマっているギターを一生懸命練習したい」(神木)、「映画を見て家族に会いたくなった。故郷の鹿児島で、家族とバーベキュー、スイカ割り、花火大会に行きたいです」(桜庭)と独自のプランを披露。

また、本作は8月5日からスイスで行われるロカルノ国際映画祭コンペディション部門に日本のアニメーションとして初選出されることが決定。「おめでとうございます。これをきっかけに、全世界の人に映画のメッセージが伝わればいい」(神木)、「日本の技術の高さをアピールしてきて」(富司)とエールが送られると、細田監督は「スタッフ、キャストと家族のように笑顔を絶やすことなく作った作品。日本の田舎の家族の物語がどう受け止められるかが楽しみ」と、世界進出に目を輝かせていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi