ミーガン・フォックスが「007」第23作のボンドガールを断っていた? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月24日 > ミーガン・フォックスが「007」第23作のボンドガールを断っていた?
メニュー

ミーガン・フォックスが「007」第23作のボンドガールを断っていた?

2009年7月24日 12:00

いつだってお色気ムンムン「インクレディブル・ハルク」

いつだってお色気ムンムン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] セクシー女優としての名声を欲しいままにしているミーガン・フォックスが、ダニエル・クレイグ主演の「007」シリーズ第23作のボンドガールのオファーを断っていたと伝えられた。

英デイリー・スター紙によると、23歳のフォックスは、英国のスパイ、ジェームズ・ボンドと恋人になるだけの小さな役よりも、もっと大きな役のほうに興味があるようだ。

「ミーガンは普通のボンドガールにはまるっきり興味がなくて、重要なキャラクターなら、むしろ悪役に回る方がいいと思っているようだ」と彼女の関係者が明かす。「他のプロジェクトで忙しくて断ったようだが、2、3年以内にもう一度チャンスが巡ってくるなら出演を再考するかもしれない」

だが、この記事について、フォックスの代理人は「あれは真っ赤な嘘。話し合ったこともないし、オファーもない。ミーガンはボンド映画の大ファンだよ」と真っ向から否定している。

そんなフォックスは、ディアブロ・コーディ脚本のホラーコメディ「ジェニファーズ・ボディ」や、ジョシュ・ブローリン共演のアクションホラー「ジョナ・ヘックス」などが控えている。

コミックヒーローの世界では「ワンダーウーマン」の主役への待望論が多いが、今年初頭「トゥームレイダー」の続編でアンジェリーナ・ジョリーに代わって出演するという噂を否定し、本人は「シーハルク」の役に興味津々だった。「インクレディブル・ハルク」のハルクの血液を輸血されたために緑色の肌と怪力を得る「アベンジャーズ」の所属の女性ヒーローだ。

映画版「シーハルク」について、関係者は「『インクレディブル・ハルク』よりもっとセクシーで過激にしたいんだ。だから、主役にはミーガンが最適だと思う。もちろん肌も緑色になるよ。変身しても、男性版ハルクより少しだけ衣装で隠れるけどね」と語っている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi