ドリュー・バリモア初監督、エレン・ペイジ主演の新作予告編が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月22日 > ドリュー・バリモア初監督、エレン・ペイジ主演の新作予告編が公開
メニュー

ドリュー・バリモア初監督、エレン・ペイジ主演の新作予告編が公開

2009年7月22日 12:00

ボーイッシュな女の子役がぴったり「チャーリーズ・エンジェル」

ボーイッシュな女の子役がぴったり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「チャーリーズ・エンジェル」&「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル」のような大ヒット作から、カルト映画「ドニー・ダーコ」やロマンチックコメディ「50回目のファースト・キス」まで、女優ドリュー・バリモアのプロデューサーとして才能は疑う余地がないだろう。

そんな彼女の製作プロダクション「フラワー・フィルムズ」に、バリモア自身の初監督作品である青春コメディ・ガーリームービー「ウィップ・イット!(Whip It!)」(10月9日全米公開)が加わり、配給するフォックス・サーチライトがその予告編を初公開した。

ストーリーは、米テキサス州の田舎町を舞台に、ミスコンテスト狂いの母親に対する反発から超過激なローラーゲームに魅せられる17歳の少女ブリスを主人公としたもので、彼女は自分の意思でスポーツの世界に飛び込み、地元のローラーゲームのチームに入り、“ローラーダービー”に参戦する。シャウナ・クロスという本物のローラーゲーム選手(選手名マギー・メイハム)が書いたヤングアダルト小説が原作で、クロス自身が脚本も執筆している。

主人公のヒロイン、ブリスを演じるのは、「JUNO/ジュノ」(05)で全米ティーンのハートをわしづかみにしたエレン・ペイジ。本作はもともとワーナー・インディペンデントにより製作されたが、その後フォックス・サーチライトに配給権が移った。「スラムドッグ$ミリオネア」同様だが、アカデミー賞ノミニーである「JUNO」のペイジ出演がサーチライト移譲への決め手になったという。

ローラーゲームのチームメイトにバリモア本人が、ライバルチームのエース役としてジュリエット・ルイスが出演。また、ブリスの母親役にマーシャ・ゲイ・ハーデン(「ミスティック・リバー」)、父親役にダニエル・スターン(「ホーム・アローン」)といった異色キャストが決まっている。

予告編を見る限り、スポーツ映画としてもガーリー映画としても青春映画としても恋愛映画としても、女性監督バリモアはかなりのポテンシャルを発揮している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi