「アンジェラの灰」の作家、フランク・マコートさん死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月22日 > 「アンジェラの灰」の作家、フランク・マコートさん死去
メニュー

「アンジェラの灰」の作家、フランク・マコートさん死去

2009年7月22日 12:00

やはり遺灰は故国アイルランドへ?「アンジェラの灰」

やはり遺灰は故国アイルランドへ?
Photo:AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミリオンセラー小説「アンジェラの灰」の作家フランク・マコートさんが7月19日、死去した。78歳だった。彼の出版社による発表によると、皮膚ガンからできた悪性腫瘍が死因だという。

米ニューヨークに生まれながら故国アイルランドで貧しい子ども時代を過ごした自らの体験を綴った96年発表の自伝「アンジェラの灰」は、ピュリッツァー賞ならびに全米図書賞を受賞して全米のミリオンセラーになり、30カ国25の言語に翻訳された。さらに、99年アラン・パーカー監督により、エミリー・ワトソンロバート・カーライル主演で映画化された。また、マコートが高校教師になって母アンジェラを呼び寄せるという、本作に続く時代を描いた続編「アンジェラの祈り」も書かれた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi