栗山千明&森山未來が小学生役に!ケータイドラマ「土俵際のアリア」って何? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月13日 > 栗山千明&森山未來が小学生役に!ケータイドラマ「土俵際のアリア」って何?
メニュー

栗山千明&森山未來が小学生役に!ケータイドラマ「土俵際のアリア」って何?

2009年7月13日 12:00

学生時代のコスプレが意外とハマっていたとのこと「リンダ リンダ リンダ」

学生時代のコスプレが意外とハマっていたとのこと
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 携帯電話、パソコン、au BOX等の様々なタッチポイントを通して情報料無料で提供するドラマ配信プロジェクト、LISMOオリジナルドラマ。その第4弾として7月13日より配信されるのが、「リンダリンダリンダ」の山下敦弘監督がメガホンを取り、主演に若手実力派の栗山千明森山未來を迎えて描くナンセンス・ラブコメディ「土俵際のアリア」だ。山下監督、栗山、森山の3名が、本作の見どころを語ってくれた。

ウェディングドレスに身を包む24歳の幸子(栗山)は、幸せそうな笑顔を浮かべていた。弟のワタル(森山)にとっても姉の結婚は悲願であった。なぜなら姉の男運は小学校以来サイテーそのものだったのだ。ワタルは姉幸子がたどって来た悪夢のような半生を振り返る……。ドラマは1話5分で構成され、1話目がワタルと幸子の小学校時代、2話目以降中学校時代、高校時代、結婚式当日と4話仕立てになっている。

小学生から現在までの姿をすべて栗山と森山本人が演じているので、1話ではおさげ髪にランドセル姿の栗山、短パンで一輪車に乗る森山、という2人の貴重なコスプレを見ることができる本作。山下監督は「ナインティナインの岡村さんがちびっ子相撲に挑戦するバラエティ番組を見て、大人が子供の中に入っているというのをやりたいと思ったんです」と構想のきっかけを話し、「正直、現場で衣装を合わせるまでどうなるか想像つかなかったけど、実際すごく馴染んでました。特に栗山さんは1人で立ってると『こんな小学生もいるな』と思ったし(笑)」と、さまざまなコスプレに挑戦した栗山らについて語った。


画像2

(C)『土俵際のアリア』プロジェクト2009
[拡大画像]

その栗山は、「ここまでコメディ色が強い役はあまり経験がなかったので、最初は荷が重いなと感じていました」と心中を明かしたが、「コスプレは好き」というだけあって、撮影自体は楽しめたようだ。「さすがに小学生の格好は無理があると思ってたんですが、改めて見てみると私が小学生だった時の姿とあまり変わらないんですよ(笑)」栗山はそのほかにもセーラー服やコンビニ店員など、毎回異なる衣装でコミカルな演技を披露している。

栗山扮する幸子をいつも心配そうに見つめるワタルは、毎回おかしな髪型で登場するのが特徴だ。演じた森山曰く、「ワタルも可哀想な男で、実はイキがりたいのにジメッとした家庭的環境のせいでうまくいかない。だから本当は中学デビューしたかったのに、デビューしきれてないんです(笑)。そういう意味で、ワタルの髪型にもドラマを感じてもらえると思います」とのこと。ワタルのバックグラウンドを知った上で本編を見ればより楽しめるかも?

LISMOオリジナルドラマ「土俵際のアリア」は7月13日より毎週月曜、全4話配信。詳しくは、auケータイ、auホームページにて月曜ドラマ検索。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi