コッポラ監督は「ゴッドファーザー」続編をスコセッシ監督に撮らせたかった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月9日 > コッポラ監督は「ゴッドファーザー」続編をスコセッシ監督に撮らせたかった!
メニュー

コッポラ監督は「ゴッドファーザー」続編をスコセッシ監督に撮らせたかった!

2009年7月9日 12:00

[映画.com ニュース] フランシス・フォード・コッポラ監督が米エスクァイア誌のインタビューを受け、自身の監督作「ゴッドファーザーPART II」(74)を、本心では友人のマーティン・スコセッシ監督に撮らせたかったと告白した。

「ゴッドファーザー」(72)関連の質問を受けたコッポラ監督は、「あのエンディングは明白で、マイケル(アル・パチーノ)は自分自身で堕落している。それで終わりだった。だから、なぜパラマウントがもう1本の『ゴッドファーザー』を作りたがるのか、私は理解できなかった」と述懐した。

それからコッポラはパラマウントに呼ばれ、続編のオファーを受けたという。「『私がすることは、あなたたちのためにストーリー(脚本)を練ることなんですね? それからその脚本を生かしてくれる監督とプロデューサーを探しましょう』と私が言うと、彼らは『じゃ、監督は誰がいい?』と聞いてきた。そこで私が『若い男ですが、マーティン・スコセッシ』と言うと、彼らは『絶対にダメだ! あいつはまだ監督になり立てじゃないか』と言ってきた」

この「幻のスコセッシ監督」については、コッポラが映画評論家ピーター・ビスキンドの取材に答え、98年に発表されたビスキンド著の映画本「イージー・ライダー★レイジング・ブル」の中で、そのパラマウントのトップがロバート・エバンズ(伝記「くたばれ!ハリウッド」の著者)であることを明かしている。コッポラが親友スコセッシをエバンズに推薦すると、彼から「絶対にダメだ。マーティン・スコセッシは最悪なチョイスだ。私が目の黒いうちは絶対にさせない」と返答されたという。その時に、コッポラは100万ドル(当時)で監督のオファーを受け、了承している。

そんなコッポラは同誌インタビューで、「『ソプラノズ』を見たことがない。私はマフィアに興味がないんだ」と語っている。

ゴッドファーザー」DVDには特典で、ロバート・デ・ニーロのオーディションテープが含まれている。「ゴッドファーザー」の全米封切りの半年後の73年10月、スコセッシ監督とデ・ニーロ主演の黄金コンビ第1作となる「ミーン・ストリート」(73)が全米公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi