予告編なのに18禁!セクシー女優ミーガン・フォックス主演最新作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月8日 > 予告編なのに18禁!セクシー女優ミーガン・フォックス主演最新作
メニュー

予告編なのに18禁!セクシー女優ミーガン・フォックス主演最新作

2009年7月8日 12:00

予告編からもフェロモンがプンプン「ジェニファーズ・ボディ」

予告編からもフェロモンがプンプン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「世界一セクシーな女優」の異名をとるミーガン・フォックスが主演する、ちょっとエッチなホラーコメディ「ジェニファーズ・ボディ」(9月18日全米公開)の予告編が、全米映画サイトに一斉に初登場した。

同作は、「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞を受賞したディアブロ・コーディの脚本第2作。同じく「JUNO」のジェイソン・ライトマンがプロデュース、日系人女性監督カリン・クサマがメガホンを取る作品で、「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライドが共演する。

物語の舞台は米ミネソタ州の田舎町。セクシーな高校生チアリーダーのジェニファー(フォックス)は、人の血に飢えた悪魔に取り憑かれ、町の男どもを色仕掛けで誘って次から次へと食べまくるようになる。そしてごく平凡なメガネっ子の同級生ニーディ(セイフライド)は、親友ジェニファーの身体が完全に悪魔に乗っ取られる前に、その悪魔を退治しようと奮闘する、というコメディタッチのホラー映画だ。

予告編は、冒頭からセクシー度満点のフォックス演じるジェニファーが池を全裸で泳いでいるシーン。その後もセクシーでコミカルな人食い(セックス)描写のフラッシュバックが続く。スプラッターシーンとセクシーシーンが満載で、セリフは下品な言葉のオンパレード。全米のレーティングでR指定(17歳以下は保護者同伴が必要)なのも納得の内容だ。

この予告編は冒頭に赤い画面が出るR指定用の18歳以上向け予告編(レッドバンド・トレイラー)。製作・配給する20世紀フォックスは、7月10日公開の同じR指定のサシャ・バロン・コーエン主演のコメディ「ブルーノ」の全米上映館で流れる予告編を、インターネットメディアにいち早く公開したわけだ。ただし、ネットで見る場合も年齢制限がある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi