スピルバーグ版「オールド・ボーイ」、裁判沙汰をよそに製作続行 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月2日 > スピルバーグ版「オールド・ボーイ」、裁判沙汰をよそに製作続行
メニュー

スピルバーグ版「オールド・ボーイ」、裁判沙汰をよそに製作続行

2009年7月2日 12:00

スピルバーグとスミスのゴリ押しに反感?「オールド・ボーイ」

スピルバーグとスミスのゴリ押しに反感?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督、ウィル・スミス主演でハリウッドリメイクが企画されている韓国映画「オールド・ボーイ」(03)。その映画化権をめぐり、原作漫画(土屋ガロン・作、嶺岸信明・画)の出版元である双葉社が、韓国の製作会社ショーイーストを提訴しているが、米ユニバーサル・ピクチャーズと米ドリームワークスは、裁判の行方とは関係なくリメイク版の製作を続行することを決めたようだ。米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

今回の訴訟は、6月15日、双葉社が、ショーイーストを相手取り、ソウル中央地方裁判所に原作使用契約に関する不存在確認訴訟を起こしたもの。アメリカでの報道によれば、現在ショーイーストは会社を閉鎖し、同社のCEOも行方をくらましているとのことで、当事者不在となった裁判の行方に注目が集まっている。いずれにしても、そもそもショーイーストにはリメイク権をユニバーサルに譲渡する権利がなかったはずだから、製作はいったん中断されるべきではというのが大方の米メディアの論調のようだ。

ただし、その背景には、リメイク企画ばかりのハリウッドへの不満、とりわけ本作のように熱狂的なファンの多いオリジナル版のリメイクを、スピルバーグ監督とスミスというハリウッド一のパワーコンビが強行しようとしている(ように見える)ことへの反感があるのも否めない。

しかし、一方で双葉社側は、6月30日、同社のホームページに今回の訴訟に関する説明文を掲載。そのなかで、「韓国映画『オールド・ボーイ』の制作会社との裁判は、計画中のハリウッド映画に一切影響を与えない」「ハリウッドのプロジェクトを阻害するつもりはない」「当社および原作者の土屋氏と嶺岸氏は、ハリウッドのプロジェクトを100%支持する」ことを表明している。

なお、ドリームワークス側は双葉社とショーイーストの訴訟に関するコメントは出していない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi