ミーガン・フォックスに花を渡せなかった少年を探せ!コダックが懸賞金 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月26日 > ミーガン・フォックスに花を渡せなかった少年を探せ!コダックが懸賞金
メニュー

ミーガン・フォックスに花を渡せなかった少年を探せ!コダックが懸賞金

2009年6月26日 12:00

再会は果たせるのか?今後に大注目「トランスフォーマー リベンジ」

再会は果たせるのか?今後に大注目
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月15日に開催された最新作「トランスフォーマー/リベンジ」(公開中)の英ロンドンプレミアで、セクシー女優のミーガン・フォックスに1輪のバラを差し出したものの、ボディガードらに阻まれて夢破れた男の子がいる。米情報サイトNowPublicによると、大手フィルムメーカーのコダックが、この少年とフォックスを引き合わせるために、懸賞金5000ドル(約50万円)を提示して「ローズボーイ」の情報を求めていることが分かった。

男性誌FHM(米版)の「世界一セクシーな美女」ランキングで2年連続第1位に輝いたフォックスは、本作のプロモーションのためここ数週間に渡って世界各国を訪れ、レッドカーペットで男性ファンたちの歓声とカメラマンのフラッシュを浴びながら、妖艶な魅力を振りまいてきた。

ロンドンプレミアの日、「ローズボーイ」は憧れのフォックスになんとか近づき、黄色いバラを1輪プレゼントしようと手を伸ばしたが、フォックスはそちらに目もくれずボディガードに手を引かれて足早に去っていった。その写真が翌日、世界中のメディアで一斉に報じられ、これを見たフォックスは「すごく申し訳ないわ。あの時は大勢の人たちに囲まれて、フラッシュも叫び声もすごくて、何が起こっているのかさっぱり分からなかったの。もし誰か彼の名前を教えてくれたら、個人的に謝りたいわ。ごめんなさい、わざとじゃないのよ。もう1度会えたら、喜んでバラをいただくわ」とコメント。

今回、懸賞金とともに「ローズボーイ」捜索に乗り出したコダック・ワールドワイド・ブランドマーケティング&コミュニケーションの副社長レスリー・ダンスは、「1枚の写真が全く関係ない2人の人生を結び、変えることが出来る素晴らしい例だ」と語り、「写真を見る限り、この少年はミーガン・フォックスに会ってバラを手渡すことを切望していたようだし、私たちは彼の夢が叶うよう喜んで手伝いたい」と、メールアドレス(yellowroseboy@gmail.com)宛に「ローズボーイ」の情報を受け付けている。

正しい情報提供者には上記の懸賞金が与えられ、「ローズボーイ」と家族はフォックスと会えるよう航空券などの手配が約束されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi