「ウォーリー」監督の実写SF「火星のプリンセス」の主役が決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月16日 > 「ウォーリー」監督の実写SF「火星のプリンセス」の主役が決定!
メニュー

「ウォーリー」監督の実写SF「火星のプリンセス」の主役が決定!

2009年6月16日 12:00

彼女が「火星のプリンセス」!「ウォーリー」

彼女が「火星のプリンセス」!
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピクサー・スタジオで「バグズ・ライフ」「ファインディング・ニモ」「ウォーリー」のメガホンを取ったアンドリュー・スタントン監督が、ディズニー・スタジオで手がける実写のSF映画「火星のプリンセス(John Carter of Mars)」が、早ければ今年11月にも撮影開始されることが分かった。

同作は、エドガー・ライス・バローズが1917年に発表した冒険SF小説「火星のプリンセス」を原作としたヒロイックファンタジー映画。長年ピクサーのクリエイターを務めたスタントン監督初の実写映画で、ディズニーが「パイレーツ・オブ・カリビアン」級の予算を用意するというビッグプロジェクト。現在、スタントン監督が新鋭脚本家マーク・アンドリュースと、脚色作業の仕上げに取りかかっているそうだ。

原作の物語は、南北戦争の元南軍騎兵大尉ジョン・カーターが突如として瞬間移動し、人種間同士が戦争に明け暮れている戦国時代の火星へと迷い込むというもので、カーターは野蛮な緑色人の捕虜となるが、人間の姿をした絶世の美女である赤色人王国ヘリウムのプリンセス、デジャー・ソリスに出会い、一緒に脱走を試みる。

米ハリウッド・レポーター誌によると、主役はすでに決まっており、奇しくもヒュー・ジャックマン主演作「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」(9月11日公開)でミュータントを演じた2人が選ばれている。ジョン・カーター役には“ガンビット”を演じたテイラー・キッシュ、デジャー・ソリス役には“シルバーフォックス”を演じたリン・コリンズが決定した。キッシュは米NBC「フライデー・ナイト・ライツ」で注目を浴びたカナダ出身の28歳。コリンズは米HBO「トゥルー・ブラッド」で注目を浴びた米テキサス出身の30歳。

さらに3番目の重要な役として、「サイドウェイ」や「スパイダーマン3」(サンドマン役)で知られるトーマス・ヘイデン・チャーチが、緑色人サーク族の新たな皇帝となるカーターの友人タルス・タルカス役に決まったようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi