ジョン・トラボルタが「サブウェイ123」のキャスト&スタッフに感謝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月11日 > ジョン・トラボルタが「サブウェイ123」のキャスト&スタッフに感謝
メニュー

ジョン・トラボルタが「サブウェイ123」のキャスト&スタッフに感謝

2009年6月11日 12:00

息子ジェットを亡くした心痛はなかなか癒えず「サブウェイ・パニック」

息子ジェットを亡くした心痛はなかなか癒えず
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョン・トラボルタが、今年1月にカリブ海バハマで急死した長男ジェット君を亡くした悲しみからまだ癒えていないことを理由に、先週行われた最新出演作「サブウェイ123」の北米でのプロモーションを欠席した。

トラボルタは自身の公式サイトに、同作の共演者とプロダクションスタッフに深く感謝する言葉を記した。「トニー・スコットデンゼル・ワシントンルイス・ガスマンジョン・タトゥーロジェームズ・ガンドルフィーニ、そしてソニー・ピクチャーズはこの素晴らしい映画の宣伝を助けてくれた。彼らの献身的な行動のおかげで、僕の家族は(ジェットを亡くした)悲しみを癒す時間を与えられた」

「サブウェイ123」は、ジョン・ゴーディのサスペンス小説を映画化した、ジョセフ・サージェント監督の「サブウェイ・パニック」(74)のリメイク。ニューヨークの地下鉄がハイジャックされる事件で、トラボルタがハイジャック犯を演じる。彼は乗客の身代金として1000万ドル(約9.8億円)を要求し、地下鉄公安官役のデンゼル・ワシントンがその事件に対処する。

「俳優としてこの役を演じることで、すべての道徳や倫理的制限をとっぱらうことができたし、このキャラクターを本当にどんなに悪いヤツにするか模索することができた。その結果を気に入ってくれれば」と書き添えている。

全米で6月12日、日本では9月4日公開。スクリーン上の悪役トラボルタに出会える。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi