「ターミネーター4」女優の脚本作を、父ロン・ハワードが監督へ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月10日 > 「ターミネーター4」女優の脚本作を、父ロン・ハワードが監督へ?
メニュー

「ターミネーター4」女優の脚本作を、父ロン・ハワードが監督へ?

2009年6月10日 12:00

父娘のタッグが実現!?「ターミネーター4」

父娘のタッグが実現!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ターミネーター4」(6月13日公開)で、ジョン・コナーの妻ケイト役を演じているブライス・ダラス・ハワードが執筆した脚本「ジ・オリジナルズ(The Originals)」をユニバーサル・ピクチャーズが獲得したことが明らかになり、ブライス・ダラスの父ロン・ハワード監督(「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」)の手で映画化される可能性がでてきたと米ハリウッド・レポーター誌が報じた。

「ジ・オリジナルズ」は、同級生の20代男女が主人公のアンサンブルドラマ。かつての恩師が原因不明の昏睡状態に陥ったことを知り、ニューヨークに集まってきた彼らの週末の出来事を描く。

M・ナイト・シャマラン監督作「ヴィレッジ」のヒロインや、「スパイダーマン3」への出演で知られるブライス・ダラスは、06年には短編映画「オーキッド(Orchids)」で監督と脚本にも挑戦。「ジ・オリジナルズ」も、共同脚本家であるデイン・シャルブノーとともに数年前からあたためてきた企画だという。ちなみにシャルブノーは、その間にブライス・ダラスの妹ジョスリンと交際を始め、現在婚約中とのこと。

ダ・ヴィンチ・コード」の続編「天使と悪魔」をヒットさせたロン・ハワード監督には複数の企画が控えているが、特に次回作は決まっておらず、娘の脚本作でメガホンを取る可能性も大いにあるとのことだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi