次回作はインドから黄色いハゲタカ!?社会派買収劇「ハゲタカ」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月8日 > 次回作はインドから黄色いハゲタカ!?社会派買収劇「ハゲタカ」初日
メニュー

次回作はインドから黄色いハゲタカ!?社会派買収劇「ハゲタカ」初日

2009年6月8日 12:00

初日舞台挨拶は鷲津万札だったが、 劇中では福沢諭吉の1万円札を使用「ハゲタカ」

初日舞台挨拶は鷲津万札だったが、
劇中では福沢諭吉の1万円札を使用
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 07年にNHKで放映され大反響を呼んだ同名ドラマを映画化した社会派ドラマ「ハゲタカ」。6月6日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて主演の大森南朋玉山鉄二栗山千明遠藤憲一柴田恭兵大友啓史監督を迎えて、初日舞台挨拶が行われた。

今回の映画版では、天才ファンドマネージャー・鷲津政彦(大森)が、日本を代表する巨大な自動車メーカーの買収を目論む中国系ファンドの“赤いハゲタカ”こと劉一華(玉山)と激しい攻防を繰り広げる。

初日を迎えて主演の大森は「やっと宣伝から解放される喜びでいっぱいです」と安堵の表情。一方、今回、大森とは敵対する関係だった玉山は「男臭い映画なのに、女性が多くてうれしいですね。続編は双子がいたという設定で、経済成長がめざましいインドからやって来る“黄色いハゲタカ”を演じたい」とコメントし、大友監督も紅一点の登壇者・栗山を見つめながら「女ハゲタカもいいね」と早くも続編の構想で盛り上がった。

また、作品内容にちなんで、キャストと客席を株主総会風に経営陣と株主に見立てた質問応答コーナーでは、玉山が撮影に使われた紙幣が全部本物だったことを暴露した。「お金を握ったり、投げつけたりしているうちに何枚か破れてしまって、プロデューサーが青い顔をしていました。カットがかかると、ラインプロデューサーが毎回お札の枚数を数えていました」と、緊迫感あふれる撮影の舞台裏を暴露した。

舞台挨拶後のフォトセッションでは、場内に鷲津政彦の肖像画をあしらった“鷲津万札”が約1万枚ばらまかれる金まみれの超ド派手な演出も。

最後に主演の大森が、「『ROOKIES』には負けません、とスタッフがどうしても言えというので。僕自身は意識してません(笑)」と苦笑しながら、大ヒットを祈願して作品をアピールした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi