松ケン&麻生久美子、素朴さを激賞!「ウルトラミラクルラブストーリー」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月8日 > 松ケン&麻生久美子、素朴さを激賞!「ウルトラミラクルラブストーリー」初日
メニュー

松ケン&麻生久美子、素朴さを激賞!「ウルトラミラクルラブストーリー」初日

2009年6月8日 12:00

タイトルはハイカラですが、青森・津軽映画!「ウルトラミラクルラブストーリー」

タイトルはハイカラですが、青森・津軽映画!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松山ケンイチ麻生久美子主演の青春映画「ウルトラミラクルラブストーリー」(横浜聡子監督)の初日舞台挨拶が6月6日、東京・新宿のシネマート新宿にて行われた。

本作の舞台は、横浜監督と松山の故郷である青森。子供のように無邪気な農家の青年・陽人(松山)が、東京からやって来た保育士の町子(麻生)にひと目惚れしたことから巻き起こる奇跡のような恋を描いたラブストーリー。オール青森ロケ、全編津軽弁という異色の“青森映画”だ。自主製作「ジャーマン+雨」で注目を浴びた横浜監督の商業映画デビュー作になる。

松山は劇中で流暢な津軽弁を披露しているが、「僕が生まれ育った地域(下北半島)は津軽弁ではなく(南部弁で)、イントネーションが微妙に違う。よく注意されました」と意外に苦労したことを告白した。共演の麻生については「すごく愛されているな、と思います。すごく素朴で、誰にでも安心感を与えてくれる」とベタ褒め。麻生も「松山さんこそ素朴。毎回芝居を変えてくるので面白かった。共演は自分にとってプラスになりました」と発言し、互いに褒め讃えた。

途中、麻生がブレスレットを洋服に引っかけるハプニングが発生。「今日、僕たちの話を止めるの3回目ですよね? 1回目はくしゃみして、2回目はブレスレットを落として」と松山がツッコミを入れると、絶妙のタイミングで麻生のブレスレットが落下。まさに“ミラクル”な出来事に会場は騒然となった。

タイトルにかけて「身近に起こったミラクルな出来事」について質問されると、松山は「青森の監督と青森の役者、青森という土地で撮影できたことが奇跡」と答え、横浜監督は「今日皆さんにお見せできているこの状態が奇跡です」と公開の喜びをかみしめていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi