創作の源は「セーラームーン」!?「ターミネーター4」先行公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月8日 > 創作の源は「セーラームーン」!?「ターミネーター4」先行公開
メニュー

創作の源は「セーラームーン」!?「ターミネーター4」先行公開

2009年6月8日 12:00

タランティーノのせいで、日本びいきなマックG監督「ターミネーター4」

タランティーノのせいで、日本びいきなマックG監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月4日に開催されたジャパンプレミアも盛況のうちに終わった、6年ぶりのシリーズ最新作「ターミネーター4」。去る5日、6日、7日には先行公開が行われ、東京・新宿ピカデリーでは急遽、来日中の監督のマックGブライス・ダラス・ハワードムーン・ブラッドグッドアントン・イェルチンによる舞台挨拶が行われた。

宿泊中のホテルからノリノリだったというマックG監督は、劇場に登場するやいなや、客席に飛び込んで場内を一周。若き日のカイル・リースを演じた若手俳優アントン・イェルチンに向けたプラカード持参の女性ファンを見つけると強引に舞台に引き上げ、自分は記念撮影係に回るなどしてやりたい放題。マックG監督は「子供の頃からクエンティン・タランティーノ(監督)と話をしたりして日本の影響を本当に受けている」と語ったほか、「次回作のオープニングは、現代の渋谷の街にジョン・コナーがタイムスリップして来るところにしたい。新宿、もちろん秋葉原でも撮りたい!」と日本のサブカルチャーの大ファンであることを明かした。

監督に促されて客席を回ったブライス・ダラス・ハワードも、「コンニチワ! 来日を楽しんでいます」と満足げ。また、監督は「影響を受けた日本の作品は、黒澤明監督の『七人の侍』と『セーラームーン』」と真顔で語って爆笑を誘ったほか、宣伝用のパネルを客席にプレゼントするなど、最後まで会場を沸かせた。

ターミネーター4」は6月13日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト

株式会社ファントム・フィルム

誰かの人生の1本になる。そんな映画を一緒に探しませんか!

職種(1)宣伝部 (2)邦画(コンテンツ)プロデューサー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭事務局

積極的に映画祭を盛り上げてくれる方募集!

職種①広報・宣伝スタッフ ②制作・運営アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi