「ウォール街2」の悪役に、「ノーカントリー」ハビエル・バルデムが決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年6月4日 > 「ウォール街2」の悪役に、「ノーカントリー」ハビエル・バルデムが決定
メニュー

「ウォール街2」の悪役に、「ノーカントリー」ハビエル・バルデムが決定

2009年6月4日 12:00

ゴードン・ゲッコーを超える悪役となるか!「ノーカントリー」

ゴードン・ゲッコーを超える悪役となるか!
Photo:Retna/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マイケル・ダグラス主演、オリバー・ストーン監督の「ウォール街2」に、「ノーカントリー」の冷酷無比な連続殺人鬼役でアカデミー助演男優賞など映画賞を総ナメにしたハビエル・バルデムが出演することが分かった。

米LAウィークリーのコラムニスト、ニッキ・ファンケのブログDeadline Hollywoodが伝えたもので、「ラスベガスをぶっつぶせ」「悲しみが乾くまで」の脚本家アラン・ローブが、今週中にも脚本第2稿を完成させる予定だそうだ。

その物語は前作から21年後という設定。刑務所を出たゴードン・ゲッコー(ダグラス)は大物投資家としての失った名声を取り戻す決意をし、一方で疎遠だった娘ウィニーとの関係修復をはかる。そんな折、娘の婚約者ジェイコブス(シャイア・ラブーフ)の相談相手でもあった投資家が謎の死を遂げる。ジェイコブスはその事件の黒幕が、バルデム演じる世界的なヘッジファンドマネージャーだと睨み、ゲッコーの手を借りて事件の真相を追うというストーリー。今回、ゲッコーは善玉として描かれるようだ。

バルデムの最新作は、ウッディ・アレン監督作「それでも恋するバルセロナ」(6月27日公開)。バルデムは「ノーカントリー」以前にも、「コラテラル」でトム・クルーズ演じる殺し屋のボスを演じており、この手の悪役はお手の物だろう。

20世紀フォックス製作の「ウォール街2」は、来年2月公開を目指し、8月10日より撮影がスタートされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi