朝丘雪路が夫・津川雅彦との波乱万丈エピソードを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月29日 > 朝丘雪路が夫・津川雅彦との波乱万丈エピソードを語る
メニュー

朝丘雪路が夫・津川雅彦との波乱万丈エピソードを語る

2009年5月29日 12:00

幼少時から男の浮気には慣れている?「サガン 悲しみよこんにちは」

幼少時から男の浮気には慣れている?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスを代表する女流作家フランソワーズ・サガン(35~04)の波乱万丈な人生を描く伝記映画「サガン/悲しみよこんにちは」の公開を記念して、5月28日に東京・飯田橋の日仏学院で試写会が行われ、女優の朝丘雪路がトークショーを行った。

ブルジョワ家庭に生まれたサガンは、デビュー作「悲しみよ こんにちは」が世界的ベストセラーとなり、わずか18歳で巨万の富と名声を手に入れた。その後も発表する小説は常に話題となったが、セレブたちとの夜毎のパーティ、2度の結婚と離婚、生死を彷徨った交通事故、桁外れの金額を賭けたギャンブルなど、スキャンダラスな私生活も伝説として語り継がれている。

悲しみよ こんにちは」の愛読者でもある朝丘は、サガンが好んで着ていたというヒョウ柄の衣装で登場。お嬢様育ちとして知られる朝丘は、サガンに共感できることも多いようで、「サガン自身も父親っ子のようだと思うし、私とパパ(日本画家の伊東深水)に似ていると思った。私も父が母以外の女性と付き合うと嫉妬心が沸いたわ」と自身の父親との思い出を語った。

サガンは恋多き女として知られているが、夫で俳優・映画監督の津川雅彦もかつて女性問題で世間を賑わせたことについて聞かれると、「俳優だから仕方がないのでは。本気じゃなければいいと思う」と大人の余裕を見せた。また、浪費癖があり多額の借金を抱えていたサガンと、おもちゃの全国チェーン、グランパパの事業で多額の債務を背負った津川を比較されると、「ここでそんなことを言われるとは思わなかった」と困惑しながらも、「やっぱり(事業は)素人だったんでしょうね。でも何事も経験しないと分からないから」とあっけらかんと話していた。

サガン/悲しみよこんにちは」は6月6日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi