ウィノナ・ライダー、ジョニー・デップと破局後のうつ状態を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月29日 > ウィノナ・ライダー、ジョニー・デップと破局後のうつ状態を告白
メニュー

ウィノナ・ライダー、ジョニー・デップと破局後のうつ状態を告白

2009年5月29日 12:00

逃がした魚はデカかった…「シザーハンズ」

逃がした魚はデカかった…
Photo:Time Life Pictures/Getty Images/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優ウィノナ・ライダーが久しぶりに雑誌(英エル誌最新7月号)の表紙を飾り、インタビューに応じた。

01年の万引き事件以降、低迷の続くライダーだが、7月に公開されるレベッカ・ミラー(劇作家アーサー・ミラーの娘でダニエル・デイ=ルイスの妻)の最新監督作「The Private Lives of Pippa Lee」では、ジュリアン・ムーアキアヌ・リーブスらと共演し、ようやくカムバックできるのではと期待されている。

今回のインタビューは、そのミラー監督との対話という形を取っているが、そのなかでライダーは、20歳過ぎに経験した「生まれて初めての大失恋」のせいで、しばらくうつ状態にあったことを告白している。具体的な名前には言及していないが、その失恋の相手とは、かつての婚約者ジョニー・デップのことだ。

ちょうど、デップと共演した「シザーハンズ」(90)や「ドラキュラ」(92)の撮影を終え、キャリア的には絶好調な時期だったにもかかわらず、ライダーは当時の心境をこう語っている。「周囲の誰もが私のことをとても幸せな人間だと考えていたと思うけど、実際はボロボロだった。『私は幸運なのだから不満を言ってはいけない。私はラッキーなんだ』って一生懸命自分に言い聞かせていた」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi