押井監督もジェラシー!?「ラスト・ブラッド」の日本人スタッフの評価 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月27日 > 押井監督もジェラシー!?「ラスト・ブラッド」の日本人スタッフの評価
メニュー

押井監督もジェラシー!?「ラスト・ブラッド」の日本人スタッフの評価

2009年5月27日 12:00

押井監督からジヒョンにラブコールがあるかも!?「ラスト・ブラッド」

押井監督からジヒョンにラブコールがあるかも!?
(C) 2009, East Wing Holdings Corp. and SAJ. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「イノセンス」の押井守監督が企画協力したデジタルアニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を、フランス人監督クリス・ナオンが実写映画化した「ラスト・ブラッド」が、間もなく公開される。このほど、オリジナル版を手がけた日本人スタッフたちの実写版に対する評価が、配給元のアスミックエースから発表された。

まず、オリジナル版監督の北久保弘之は、「興奮した。主人公サヤのイメージを守りながら映像化に成功している。アニメーションよりアニメーション」と、その仕上がりに驚いた様子。そして、製作のプロダクションI.Gの石川光久社長は、押井監督と一緒に鑑賞したそうだが、「原作への愛があるから、あの映像は生まれてきたと思います。(サヤは)チョン・ジヒョンさん以外にはありえない。監督も驚いていました」と賞讃。一方、ジヒョンのことを相当気に入った様子だったという押井監督も創作意欲を刺激されたようで、「次回作は僕が撮ります」と、ジェラシーとも思えるコメントを発表していた。

ラスト・ブラッド」は5月29日ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi