岡田准一「今やるべき作品」。「おと・な・り」初日にファン5500人殺到 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月18日 > 岡田准一「今やるべき作品」。「おと・な・り」初日にファン5500人殺到
メニュー

岡田准一「今やるべき作品」。「おと・な・り」初日にファン5500人殺到

2009年5月18日 12:00

「耳を澄まして!」と麻生久美子「おと・な・り」

「耳を澄まして!」と麻生久美子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岡田准一(V6)と麻生久美子が主演する映画「おと・な・り」の初日舞台挨拶が5月16日、東京・恵比寿ガーデンシネマで開かれ、岡田、麻生のほか、共演の谷村美月岡田義徳池内博之、監督の熊澤尚人が登壇した。

劇場には、当日販売のみの舞台挨拶付き上映のチケット400枚を求めて、5500人のファンが早朝から駆けつけたそうで、その報告を受けた岡田は「本当にありがたい。感無量です。5500人のみなさんのことは忘れません」と、感謝の言葉を述べた。

映画は、古ぼけたアパートで隣室同士の30歳の男女が、夢と現実のギャップや自身の進むべき道に悩みながらも、隣室から壁越しに聞こえてくる互いの生活音をきっかけに惹かれあっていく姿を描いたラブストーリー。岡田はプロカメラマンの聡、麻生は隣人の七緒をそれぞれ等身大で演じている。

本作の“音”について、麻生は「“音”が主役。見終わった後、耳の感覚が変わっていると思う。耳を澄まして映画を見て、聞いてもらえればいい。家に帰ると、普段聞いている音がいとおしく、素敵なものだと気付くはず」と語り、岡田も「コーヒー豆を挽く音が優しく聞こえるように、監督と(ミルを回す)回転速度を何度も相談した」と、音に関するこだわりを明かした。

また、現在28歳の岡田は実年齢に近い30歳の主人公を演じたことについて、「自分も30歳に近くなり、いろいろ考えたりしていたので、お話をいただいたときは、今やるべき作品になると思った。少人数の現場で、みんなでつむいでいくように思いを込めて撮った。やってみて、やっぱり芝居が好き、現場が好きなんだと思った」と感慨深い様子で語った。

おと・な・り」は恵比寿ガーデンシネマほか全4館で先行上映中で、30日から全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi