オバマ&麻生のトップ会談に小沢一郎が乱入?「消されたヘッドライン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月15日 > オバマ&麻生のトップ会談に小沢一郎が乱入?「消されたヘッドライン」
メニュー

オバマ&麻生のトップ会談に小沢一郎が乱入?「消されたヘッドライン」

2009年5月15日 12:00

日本の政界を強烈風刺「消されたヘッドライン」

日本の政界を強烈風刺
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ラッセル・クロウベン・アフレックが共演した社会派サスペンス「消されたヘッドライン」(ケビン・マクドナルド監督)の特別試写会が5月14日、東京・半蔵門のTOKYO FMホールで開催され、風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の松下アキラ、福本ヒデ、竹内康明がトークショーを行った。

本作は03年に英BBCで放送されたミニシリーズを、物語の舞台をアメリカに置き換えて映画化した作品。ベテラン記者のカル(ラッセル・クロウ)が自殺と報じられた女性の死亡事故の裏側に隠された真実を追いながら、巨大な陰謀に巻き込まれる姿をスリリングに描いている。

3人はそれぞれバラク・オバマ米大統領(松下)、麻生太郎総理大臣(福本)、小沢一郎民主党代表(竹内)に扮して登場。「この映画に登場する新聞社の調査能力はすごい! ぜひ西松建設の献金事件も調べてほしい」と早速、麻生総理がジャブをかますと、小沢代表は「あの事件に関しては、一点もやましいところはない。怪しいところは何点かありますが」とあっさり自分の非を認めたばかりか、「代表の座は鳩山さんに譲りたい。私は法務大臣になって警察をぶっつぶすのが夢」と過激なコメントで客席を沸かせた。

一方、オバマ大統領は経営危機に陥っている大手自動車メーカーのビッグ3(GM、フォード、クライスラー)を引き合いに出し、「日本にもおバカなビッグ3がいる。安倍(晋三)、福田(康夫)、麻生(太郎)」と短期間でコロコロ交代している日本のトップを皮肉った他、突然の辞任を発表した小沢に対して「政権を取ると思って、せっかくヒラリーに会わせてあげたのに」と恨み節だった。

消されたヘッドライン」は5月22日日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi