小池徹平、初のサラリーマン役で限界にチャレンジ!「ブラック会社」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月15日 > 小池徹平、初のサラリーマン役で限界にチャレンジ!「ブラック会社」会見
メニュー

小池徹平、初のサラリーマン役で限界にチャレンジ!「ブラック会社」会見

2009年5月15日 12:00

小池が初のサラリーマン役で品川にイビられる!「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

小池が初のサラリーマン役で品川にイビられる!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2ちゃんねるへの書き込みを基にしたスレッド文学を、「キサラギ」の佐藤祐市監督が映画化した「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」。4月19日にクランクインした本作の製作現場会見が、5月14日、東京・成城の東宝スタジオにて行われ、小池徹平田辺誠一、マイコ、品川祐田中圭らキャスト陣と佐藤監督が出席した。

本作は、母の死をきっかけに就職を決意した元ニートの青年(小池)が、想像を絶するブラック企業(職場環境が劣悪で、従業員が精神的・肉体的に追いつめられていく問題企業)に採用されてしまい、クセ者ぞろいの上司や同僚たちに囲まれながら成長していく姿を描く。

劇中と同じスーツ姿で登場した小池は、「自分自身の限界にチャレンジしたい」とタイトルになぞらえて意気込みをアピール。本作でサラリーマン役に初挑戦しており、「子供っぽく見られるのは良くないと思って悩んだけど、台本を読んだら主人公の成長物語だったので力まずに演じています」と、撮影が順調に進んでいることを笑顔で報告した。


撮影中の様子も報道陣に公開された「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

撮影中の様子も報道陣に公開された
[拡大画像]

一方、主人公をいじめる上司役の品川は、「撮影初日にWaTの鼻歌を歌ってたら、徹平くんに『ありがとうございます』と言われた。でも次の日にEXILEの鼻歌でもお礼を言われ、さらに3日目のゆずでもお礼された時、自分がバカにされてるんじゃないかと気づいた(笑)」と、小池のちょっと“ブラック”な一面を暴露。また、“限界”を感じたエピソードとして、「撮影現場までの道路が混んでてトイレが限界だった。結局パンツにウンコがついてしまったけど、映画にも“運”がついたのでは」と下ネタを披露して会場の爆笑を誘った。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」は5月20日クランクアップ予定、今冬公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi