21歳の現役ポルノ女優、ソダーバーグ監督作に起用され「ポルノより怖かった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月13日 > 21歳の現役ポルノ女優、ソダーバーグ監督作に起用され「ポルノより怖かった」
メニュー

21歳の現役ポルノ女優、ソダーバーグ監督作に起用され「ポルノより怖かった」

2009年5月13日 12:00

ポルノ映画では自らセリフを書くこともあるとか!「トラフィック」

ポルノ映画では自らセリフを書くこともあるとか!
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「トラフィック」、チェ・ゲバラ伝記映画「チェ」2部作を手がけたオスカー監督、スティーブン・ソダーバーグの新作「ザ・ガールフレンド・エクスペリエンス」の主演に抜擢された21歳の現役ポルノ女優、サシャ・グレイが米MTVのインタビューに答えた。

06年の18歳の誕生日後間もなくポルノ女優としてデビューしたグレイは、その約1年後にはハリウッドを代表する名監督の作品に主演が決まったというラッキーガールだ。きっかけは、彼女のMySpaceに届いた脚本家ブライアン・コッペルマン(「オーシャンズ13」)からのメッセージで、その後ソダーバーグ監督と会い、すぐに今回の主役となるマンハッタンの高級コールガール・チェルシー役をオファーされたという。

昨年末に撮影が始まるまで、グレイはすでにポルノ女優としての経験は積んでいたが、ソダーバーグ監督との撮影はこれまでとはまったく違った体験となったようだ。「スティーブンとの仕事は、ポルノ映画に出るよりももっと怖かった。初めてポルノ映画でセックスシーンを演じた時は、待っている間に緊張しただけで始まれば平気だったの。でも、スティーブンと働くのは、『私、これで合ってるの? もっと違った風に演じた方がいいの?』ってずっと不安だったわ」

脚本はアウトラインが決まっているだけで、俳優たちはアドリブを入れたり自由に役を解釈するよう促されたそうで、12歳から演技を勉強してきたグレイは、入念に準備して撮影に臨んだとのこと。ソダーバーグ監督との最初のミーティング以来、セックスシーンについての話し合いはなかったものの、当然そういった場面を要求されていると思っていたが、実際には監督からセックスシーンは求められなかったそうだ。

代わりに、映画ではコールガールのチェルシーがどのように客をとり彼らと接するのか、高級レストランやホテルに入り込むのか、仕事がパーソナルトレーナーの恋人との関係に影響するのかなど、彼女を中心としたドラマにスポットが当てられている。

「ザ・ガールフレンド・エクスペリエンス」は5月22日より米限定公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi