専門用語の多さにキャストら閉口!大森南朋、玉山鉄二主演「ハゲタカ」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月12日 > 専門用語の多さにキャストら閉口!大森南朋、玉山鉄二主演「ハゲタカ」会見
メニュー

専門用語の多さにキャストら閉口!大森南朋、玉山鉄二主演「ハゲタカ」会見

2009年5月12日 12:00

時流を反映した骨太な人間ドラマ「ハゲタカ」

時流を反映した骨太な人間ドラマ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「企業買収」をテーマに、07年にNHKで放映され大反響を呼んだ同名ドラマを映画化した「ハゲタカ」の完成披露記者会見が、5月11日、東京・六本木のグランドハイアット東京で開催され、主演の大森南朋玉山鉄二栗山千明高良健吾遠藤憲一中尾彬柴田恭兵大友啓史監督、訓覇圭プロデューサーが登壇した。

今回の映画版では、天才ファンドマネージャー・鷲津政彦(大森)が日本企業に次々と買収を仕掛け、企業を再生させていく姿を描いたドラマ版から4年後という設定で、日本の大手自動車メーカーに買収を仕掛けた中国系ファンドの“赤いハゲタカ”こと劉一華(玉山)と鷲津の壮絶な買収戦争を描く。

ドラマ版から続投して鷲津役を演じた大森は、「自分の人生が変わったと感じるほど思い入れのある作品で、今回の映画も骨太な人間ドラマになっている」と自信を見せた。世界的な金融危機や日本が抱える雇用問題など、リアルな経済状況をストーリーに反映させるため、撮影の直前に脚本が大幅修正されたそうだが、大森からは「できれば経済が安定している時に撮ってほしかった(笑)」と役に似合わぬ弱気なコメントも飛び出した。


難しいセリフの多さに実力派俳優たちも苦労「ハゲタカ」

難しいセリフの多さに実力派俳優たちも苦労
[拡大画像]

金融・経済の専門用語が多数飛び交う本作の撮影は、大森以外のキャストも苦労が絶えなかったようだ。今後映画がシリーズ化されるならどんな展開がいい?と質問されると、「一言も喋らない中東の大金持ち役をやりたい」(遠藤)、「全編腹芸の無声映画」(中尾)、「梅干しをしゃぶるだけの役」(柴田)、など“喋らない”役を希望する声が多数挙がった。そんな中、鷲津と激しい買収戦争を繰り広げる“赤いハゲタカ”こと劉一華に扮した玉山は、「もし次も出られるなら、劉の双子の弟という設定で、いま勢いのあるインド系ファンドの“黄色いハゲタカ”を演じたい」と言って笑いを誘った。

メガホンを取った大友監督は、「金融ドラマと括られがちだが、今ある社会の中で、それぞれの持ち場で戦っている方々のドラマ。俳優の皆と一緒に『日本経済も頑張っていこう』という想いを込めて作った作品なので、日本を元気にするためにもこの映画を応援してください!」と熱いメッセージを送った。

ハゲタカ」は6月6日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi