「デスノート」がハリウッドへ。米ワーナーが原作コミックの映画化権を獲得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年5月8日 > 「デスノート」がハリウッドへ。米ワーナーが原作コミックの映画化権を獲得
メニュー

「デスノート」がハリウッドへ。米ワーナーが原作コミックの映画化権を獲得

2009年5月8日 12:00

夜神月やLは誰が演じるのか?「デスノート the Last name」

夜神月やLは誰が演じるのか?
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社「週刊少年ジャンプ」
(C)2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、日本の人気漫画「デスノート」をハリウッドで実写映画化する権利を獲得した。

「デスノート」は、そこに名前を記された者は必ず死ぬというノートをめぐり、エリート大学生夜神月(やがみ・らいと)と探偵Lの攻防を描く物語。週刊少年ジャンプ(集英社)に連載された大ヒットコミックで、単行本は全13巻が発売されている。日本で映画化されたのは前編「デスノート」、後編「デスノート the Last name」、スピンオフ「L change the WorLd」の3本だが、今回ワーナーが獲得した映画化権は、日本映画のリメイク権ではなく原作コミックの映画化権となる。

ハリウッドの業界紙バラエティによると、脚本は、昨年よりハリウッド版「デスノート」の脚本を執筆していたことが話題になっていたチャーリー&ブラス・パーラパニデス兄弟が務めるという。2010年公開予定のターセム監督の新作「War of the Gods」も執筆している兄弟だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi