阿部サダヲ、“妻”鈴木京香からの再演ラブコールにデレデレ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月30日 > 阿部サダヲ、“妻”鈴木京香からの再演ラブコールにデレデレ
メニュー

阿部サダヲ、“妻”鈴木京香からの再演ラブコールにデレデレ

2009年4月30日 12:00

意外な組み合わせの夫婦と出来た息子「ぼくとママの黄色い自転車」

意外な組み合わせの夫婦と出来た息子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新堂冬樹のベストセラー小説「僕の行く道」を、「子ぎつねヘレン」の河野圭太監督が映画化した「ぼくとママの黄色い自転車」の完成披露試写会が、4月28日、東京・新宿バルト9にて開催され、主演の武井証(子役)、阿部サダヲ鈴木京香が舞台挨拶を行った。

本作は、離れて暮らす母を訪ねるため自転車で500キロの旅に出た少年の姿を通し、親子の絆や人と人との触れ合いを描き出した感動作。

主人公の両親を演じたのは、正統派美人女優・鈴木と個性派俳優・阿部という異色の組み合わせ。鈴木が「『本当はもう少し若い奥さんの方が良かったんじゃないかしら?』と思いましたけど、阿部さんと夫婦役で楽しかった。またご一緒できればうれしいです」と阿部にラブコールを送ると、阿部は顔をニヤけさせつつ「よろしくお願いします」とデレデレ。「街を歩いていても『オマエとオマエか!?』っていうような(信じられない組み合わせの)カップルをよく見かける。だからこの組み合わせは、ある意味、リアルなのでは」と理論武装して笑わせた。

続いて武井が、「主人公は自分にはないものを持っていたので、演じているうちにどんどん楽しくなった」と、11歳とは思えない大人びた発言で観客を驚かせると、鈴木は「本当にしっかりしてて賢いですよね。すごく頑張り屋さんで、みんなが武井くんのために一生懸命やろうって思えた」と大絶賛。さらに、武井が「この映画を見た後に、親切な人や優しい人がいっぱいになるとうれしいです」とPRすると、阿部も「本当によいこと言いますよね!」と感心しきりだった。

ぼくとママの黄色い自転車」は8月22日より新宿バルト9ほかにて全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi