「赤い靴」「アフリカの女王」の撮影監督ジャック・カーディフ氏死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月24日 > 「赤い靴」「アフリカの女王」の撮影監督ジャック・カーディフ氏死去
メニュー

「赤い靴」「アフリカの女王」の撮影監督ジャック・カーディフ氏死去

2009年4月24日 12:00

偉大なシネマトグラファーがまたひとり…「赤い靴」

偉大なシネマトグラファーがまたひとり…
Photo:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「黒水仙」でアカデミー撮影賞を受賞した、伝説的な撮影監督兼映画作家のジャック・カーディフ氏が4月22日、死去した。94歳だった。

英国に生まれ、1918年より子役として映画に出演、その映画人生は90年以上にわたった。10代よりサイレント期のアルフレッド・ヒッチコック監督作品の撮影助手・制作進行に。マイケル・パウエルエメリック・プレスバーガー監督と出会い、43年の「老兵は死なず」で第2班撮影監督を務め、戦後の46年のテクニカラー作品「天国への階段」の撮影監督に起用され、47年の「黒水仙」(アカデミー撮影賞受賞)、48年の「赤い靴」を撮影。その他、51年の「アフリカの女王」(ジョン・ヒューストン監督)、54年の「裸足の伯爵夫人」(ジョゼフ・L・マンキウィッツ監督)、56年の「戦争と平和」(キング・ビダー監督)、57年の「王子と踊子」(ローレンス・オリビエ監督)の撮影監督を担当。

監督としても、60年にはD・H・ローレンス原作の小説を、トレバー・ハワードディーン・ストックウェル主演で映画化した「息子と恋人」でゴールデングローブ監督賞を受賞(アカデミー賞7部門ノミネート)。また同じ60年には成功はしなかったが臭いの出る映画“スメロビジョン”第1作の「スペインの休日」、68年にはアラン・ドロンマリアンヌ・フェイスフル主演の「あの胸にもういちど」のメガホンを取った。

「黒水仙」で「フェルメールの絵画にインスパイアされた」と述べたカーディフ氏のテクニカラー映画における傑出した色彩術は、世界中のフィルムメーカーに多くの影響を与えた。マーティン・スコセッシ監督から“カメラを持った画家”、「王子と踊子」の主演女優マリリン・モンローから“世界最高のシネマトグラファー”と称された。

2000年には大英帝国勲章、01年にはアカデミー名誉賞受賞。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi