婚活ブームが映画界にも?婚活中の人は必見のコメディ映画が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月24日 > 婚活ブームが映画界にも?婚活中の人は必見のコメディ映画が公開
メニュー

婚活ブームが映画界にも?婚活中の人は必見のコメディ映画が公開

2009年4月24日 12:00

前向きな行動力で幸せをつかんで!「ウェディング・ベルを鳴らせ!」

前向きな行動力で幸せをつかんで!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 中居正広主演のフジテレビ系月9ドラマ「婚カツ!」、NHK金曜ドラマ「コンカツ・リカツ」と“結婚活動=婚活”をテーマとしたドラマが今クールだけでも2本放送されているが、そんな婚活ブームの中、4月25日より東京・渋谷シネマライズで公開される映画「ウェディング・ベルを鳴らせ!」も、ある種の婚活を描いた作品として見逃せない。

本作の主人公は、セルビアののどかな田舎で、イタズラ好きなお茶目な祖父と2人で暮らしている少年ツァーネ。ある日ツァーネの祖父は、老い先短い自分が死んだ後のことを考え、都会でお嫁さんを探してくるようツァーネを諭し、彼は早速都会へ。そこで出会った美少女ヤスナに一目惚れしたツァーネは、あの手この手で積極的なアプローチを試みるが、実は彼女は街の悪徳マフィアにも狙われていた。ツァーネはヤスナのハートを射止めるために、マフィアとも戦う羽目に。一方その頃、ツァーネの帰りを待つ祖父も、村で唯一の美熟女ボサに再婚を迫られる……。

婚活ブームの火付け役とも言われる、「『婚活』時代」の著者・白河桃子は、本作について「ツァーネの婚活は戦略も何もなく、一目惚れした女性を押して押して押しまくるだけ。最初は都会の美少女にまったく相手にされない。しかし、彼女が危機に陥ったら、マフィアとの対決も辞さない。一目惚れした1人の女性のために、何事にも臆さずドンキホーテのように突撃していく姿に、美少女の心も徐々に傾いていく。ぜひ日本の男子も、ツァーネのように突進して、高らかにウェディングベルを鳴らして欲しい。そしてアラフォー女性は熟女ボサの『婚活力』にぜひご注目を!」と語っている。

監督は、「パパは、出張中!」「アンダーグラウンド」で知られる、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)出身のエミール・クストリッツァ。映画は誰もが笑って楽しめるスラップスティック・コメディに仕上がっており、設定はやや非現実的だが、見た目こそおとなしい草食系なツァーネ少年の意外なほどの行動力や、登場人物たちのポジティブな精神は、婚活中の人々を勇気づけてくれるかも。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi