キャメロン・ディアス、新作コメディで悪徳弁護士役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月24日 > キャメロン・ディアス、新作コメディで悪徳弁護士役に
メニュー

キャメロン・ディアス、新作コメディで悪徳弁護士役に

2009年4月24日 12:00

キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン主演 「マイ・シスターズ・キーパー」「ミニミニ大作戦」

キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン主演
「マイ・シスターズ・キーパー」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャメロン・ディアスが、ワーナー・ブラザースの新作リーガルコメディ「ボビー・スー(Bobbie Sue)」に悪徳弁護士役で主演することになりそうだ。現在、出演交渉の最終段階に入ったと米バラエティ誌が報じている。

ディアスが演じるのは、一流法律事務所に所属するやり手の悪徳弁護士。事務所の重要なクライアントが性差別で訴えられ、彼女がその裁判を担当することになり巻き起こる騒動を描く。

今作のプロデュースにあたるのは、ワーナーのドナルド・デ・ライン(「ミニミニ大作戦」)。最近全米で公開されたポール・ラッド主演「I Love You, Man」や、セス・ローゲン主演「Observe and Report」などのコメディのプロデューサーとして知られる。

ディアス主演のヒット作「べガスの恋に勝つルール」の脚本家デイナ・フォックスが、ラッセル・リー・シャーマン、オーウェン・エガートン、クリス・マスらのオリジナル脚本をリライト中で、近日中に監督も決まるものと見られている。

ディアスの次回作は、ベストセラー「わたしのなかのあなた」(早川書房刊)を映画化した感動作「マイ・シスターズ・キーパー(原題)」(6月26日全米公開)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi