ソフィア・コッポラ監督の次作はLA高級ホテルが舞台のコメディに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月20日 > ソフィア・コッポラ監督の次作はLA高級ホテルが舞台のコメディに!
メニュー

ソフィア・コッポラ監督の次作はLA高級ホテルが舞台のコメディに!

2009年4月20日 12:00

ソフィアさんは、高級ホテルが大好き?「ロスト・イン・トランスレーション」

ソフィアさんは、高級ホテルが大好き?
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  東京・新宿のホテル、パークハイアット東京を舞台にした「ロスト・イン・トランスレーション」(03)でアカデミー脚本賞を受賞したソフィア・コッポラ監督が、「マリー・アントワネット」(06)以来となる最新監督作を準備中だと米バラエティ誌が伝えた。

そのタイトルは「サムウェア(Somewhere)」。ロサンゼルス・ウエストハリウッドのサンセット大通りに面したセレブ御用達の高級ホテル、シャトー・マーモントを舞台にしたコメディになるようだ。物語は、俳優人生の再評価を狙って、マーモントにひとりこもって居住する俳優(スティーブン・ドーフ)が、11歳になる娘(ダコタ・ファニングの妹、エル・ファニング)の来訪を受けるというもの。ハリウッドの伝説的ホテル、シャトー・マーモントは、82年に俳優ジョン・ベルーシがドラッグの過剰摂取で死去したところとして有名で、監督・脚本家を務めるソフィアの現自宅の目と鼻の先になるホテルだそうで、同誌は「現代のロサンゼルスを舞台にした、ソフィアらしい親密な内容を描くストーリー」になるという。

同作は、兄ロマン・コッポラがプロデュース、父フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮を務める“ファミリー・ムービー”だそうで、早ければ今年6月にロサンゼルスでクランクイン予定。

ちなみに、父フランシス・F・コッポラ監督の新作で、アルゼンチン移民を描く白黒のドラマ「テトロ(Tetro)」が来月開催されるカンヌ国際映画祭に出品される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi