市原隼人、感無量で「言葉なんかいらねーや」。「ROOKIES/卒業」完成! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月15日 > 市原隼人、感無量で「言葉なんかいらねーや」。「ROOKIES/卒業」完成!
メニュー

市原隼人、感無量で「言葉なんかいらねーや」。「ROOKIES/卒業」完成!

2009年4月15日 12:00

ゴー!ジョコツ、ゴー!「ROOKIES 卒業」

ゴー!ジョコツ、ゴー!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] TVドラマ化され高視聴率を記録した、森田まさのりの大人気コミックの劇場版「ROOKIES/卒業」の完成披露試写会が、4月14日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて行われ、主演の佐藤隆太市原隼人小出恵介城田優、高岡蒼甫、石田卓也ほか、監督の平川雄一朗が登壇した。

TVドラマの続編となる劇場版は、3年生に進級したニコガク野球部の面々が2人の新入生を迎え入れ、熱血教師・川藤と共に最後の夏の甲子園を目指すというストーリー。


よくある間違い?「ROOKIES 卒業」

よくある間違い?
[拡大画像]

熱血漢・川藤を演じた佐藤は、「(作品を通じ)言葉では表せない大きな財産をもらった。スタッフ・キャスト一同、魂を注ぎ込んで作った作品」と熱く語り、野球部のリーダー的存在・安仁屋を演じた市原も、「このメンバーでこの場に立てることがすごくうれしい。映画を見た瞬間に、鳥肌が立った。言葉なんかいらねーやって感じ」と、目に涙を浮かべながら挨拶した。また、男気溢れるキャッチャーを演じた高岡は、「隼人(市原)は人一倍、現場で台詞の練習をしていた。だけどある日、隼人が『ジョコツが! ジョコツが!』って叫んでいて、そんな台詞あったかなと台本を開いてみると、肋骨だった」と市原の恥ずかしいエピソードを明かし、会場の笑いを誘った。

TVシリーズに引き続きメガホンを取った平川監督は、「スタッフやキャストに感謝の気持ちでいっぱい。今ここにいるメンバーは特に大変だったと思う。ありがとうございました」とキャストに感謝の意を表し、最後はキャスト一同の「ゴー! ニコガク、ゴー!」という大きな掛け声で舞台挨拶を締めくくった。

ROOKIES/卒業」は5月30日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi