レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソンがギリシア神話の神に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月13日 > レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソンがギリシア神話の神に!
メニュー

レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソンがギリシア神話の神に!

2009年4月13日 12:00

“シンドラー”ニーソン相手にまたも悪役「シンドラーのリスト」

“シンドラー”ニーソン相手にまたも悪役
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「シンドラーのリスト」で共演したレイフ・ファインズリーアム・ニーソンが、ワーナー・プラザースがギリシャ神話を再現する、ルイ・レテリエ監督の超大作「クラッシュ・オブ・ザ・タイタンズ(Clash of the Titans)」でそれぞれ神々を演じることになった。

米バラエティ誌が報じたもので、ファインズは冥府の神ハデスを、ニーソンは全能の神ゼウスを演じる。ファインズは、同じワーナーの「ハリー・ポッター」シリーズのヴォルデモート役に続く悪役。スティーブン・スピルバーグ監督による「リンカーン」の大統領役で最終交渉に入っているニーソンは、妻で女優のナターシャ・リチャードソンさんを亡くして以来、初の映画出演となる。

同作にはすでに、サム・ワーシントン(「ターミネーター4」)、ジェマ・アータートン(「007/慰めの報酬」)、マッツ・ミケルセン(「007/カジノ・ロワイヤル」)、アレクサ・ダバロスらの出演が決定しており、ワーシントンが王女アンドロメダを救うためにメデューサを退治する主役の英雄ペルセウス役、アータートンがペガサスの翼を作るアイオー役、ダバロスがアンドロメダ役、ミケルセンが近衛兵リーダーのドラコ役を務める。脚本は「タキシード」「イーオン・フラックス」のマット・マンフレディフィル・ヘイ

ワーナーは、同作の全米公開日を2010年3月26日に定めている。

ファインズの最新主演作は、アカデミー作品賞ノミネートの「愛を読むひと」(6月19日公開)。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi