ジョン・ウー監督、前編超えの大ヒットを確信。「レッドクリフ Part II」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月13日 > ジョン・ウー監督、前編超えの大ヒットを確信。「レッドクリフ Part II」初日
メニュー

ジョン・ウー監督、前編超えの大ヒットを確信。「レッドクリフ Part II」初日

2009年4月13日 12:00

マスコットの孔ピー(左)と周ピーとジョン・ウー監督「男たちの挽歌」

マスコットの孔ピー(左)と周ピーとジョン・ウー監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「男たちの挽歌」「M:I-2」の巨匠ジョン・ウー監督が、三国志の“赤壁の戦い”を2部作で映画化した歴史アクション超大作の後編「レッドクリフ Part II/未来への最終決戦」が、4月10日金曜日に初日を迎え、メイン館のTOHOシネマズ日劇(東京・有楽町)にて、ウー監督が舞台挨拶を行った。

「レッドクリフ」2部作のPRのため、全7回来日し、東京、大阪、名古屋、福岡でプロモーション活動を行ってきたウー監督は、平日の昼にもかかわらず駆けつけた約900人の観客に対し「暖かい応援に感謝しています。感激でいっぱいです」と感無量の面持ちで挨拶。

興収約50億円を記録した「Part I」を超える大ヒットが期待される本作についても、「『アクションだけでなく、人間ドラマが良かった』という声をマスコミの皆さんからいただいているので、ヒットを確信している」と自信をのぞかせた。

先のアカデミー賞で外国語映画賞を受賞した「おくりびと」についても触れ、「滝田洋二郎さんは知性と人間性に溢れた方で、今私が最も敬愛する映画監督。主演の本木雅弘さんとはぜひ一緒に仕事をしてみたい」と明かした。

最後にウー監督は「『Part I』は友情・愛・勇気でしたが、『Part II』は決意・結束がテーマ。強い決意と結束があれば運命を変えることができます。ぜひ作品を楽しんでください」とメッセージを送り、劇場を後にした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi