“おっぱい”挨拶で絆が生まれた、綾瀬はるか主演「おっぱいバレー」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月10日 > “おっぱい”挨拶で絆が生まれた、綾瀬はるか主演「おっぱいバレー」完成
メニュー

“おっぱい”挨拶で絆が生まれた、綾瀬はるか主演「おっぱいバレー」完成

2009年4月10日 12:00

映画がヒットして“おっぱい”が流行語になったりして「おっぱいバレー」

映画がヒットして“おっぱい”が流行語になったりして
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 綾瀬はるか主演最新作「おっぱいバレー」(4月18日公開)の完成披露試写会が4月9日、東京・渋谷C.C.Lemonホールで開かれ、綾瀬のほか、共演の青木崇高羽住英一郎監督らが舞台挨拶を行った。

実話を基にした同名小説が原作で、弱小男子バレー部の顧問になった中学校教師の美香子(綾瀬)が、部員に「試合に勝ったらおっぱいを見せる」という約束をさせられてしまい、そのことで思い悩みながらも生徒とともに成長していく姿を描いた青春映画。

劇中では当然のように「おっぱい」というセリフが繰り返し出てくるが、撮影現場では、「おはようおっぱい」「お疲れおっぱい」など、挨拶の後に“おっぱい”をつけるというルールを監督が決めたそう。この挨拶について綾瀬は、「中学生役の子たちが恥ずかしがらないよう、普段から言い合っていこうということでした。私も現場に入ってから(おっぱいと)言いづらいと気まずいなと思っていたんですが、監督から挨拶が“おっぱい”だと言われて、ちょっとホッとしました」と自身も助けられた様子。最初は少々戸惑ったようだが「第一声を発してしまえば、後はいい絆が生まれました」と語り、共演の青木曰く「“おぱようございます”とか進化した挨拶もありました(笑)」とのことで、和気あいあいとした現場の様子を伺わせた。


男も女も、みんなで“おっぱい”!「おっぱいバレー」

男も女も、みんなで“おっぱい”!
[拡大画像]

そんな“おっぱい”がキーワードの本作ではあるが、綾瀬は「男性はもちろんですが、迷いながら一生懸命、生徒を指導していく23歳の女性を等身大で演じたので、女性にもぜひ見ていただきたい作品です」と、女性に向けてPRした。

また、舞台挨拶の前には、本作のために持田香織(Every Little Thing)と田島貴男(オリジナル・ラヴ)が結成したユニット「Caocao(カオカオ)」が、映画の主題歌でフィンガー5の名曲をカバーした「個人授業」を歌い上げ、会場を盛り上げた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi