前代未聞の「スター・トレック」極秘プレミアで、全米が騒然! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月10日 > 前代未聞の「スター・トレック」極秘プレミアで、全米が騒然!
メニュー

前代未聞の「スター・トレック」極秘プレミアで、全米が騒然!

2009年4月10日 12:00

驚きのスニークプレミアで全米サイトをジャック!「スター・トレック」

驚きのスニークプレミアで全米サイトをジャック!
(C)2008 Paramount Pictures. Star Trek and Related Marks and Logos
are Trademarks of CBS Studio Inc. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] SF超大作「スター・トレック」(5月8日全米公開、29日日本公開)は、「クローバーフィールド/HAKAISHA」でさまざまな宣伝戦略を展開したJ・J・エイブラムスの監督・プロデュース作品。4月7日夜にはキャスト陣が勢揃いした正装のワールドプレミアがオーストラリア・シドニーで盛大に開催されたが、それとは別に、地球の裏側の米テキサス州オースティンの映画館アラモ・ドラフトハウスで6日夜(米時間)、前代未聞の「スター・トレック」ファンイベントが行われた。

その夜は、オリジナルシリーズ第2作「スター・トレックII/カーンの逆襲」(82)と、エイブラムス監督版「スター・トレック」の未公開フッテージ約10分間が上映されるという触れ込みで、その映画館には、全米のトレッキアンはもとより、名だたる映画サイトのライターたちが大集結していた。

今回のプロデューサーのデイモン・リンデロフと、脚本家チームのロベルト・オーチーアレックス・カーツマンという3人が質疑応答タイムに入っていた深夜10時頃のことだ。突然、フィルムケースをぶら下げた元祖Mr.スポックの俳優レナード・ニモイが普段着のまま現れ、「これから映画全編を見てもらう。時間は大丈夫かな?」と語り出した。思いがけないスーパーサプライズに、会場から「ニモイ!」コールが沸き起こり、それから(時差の関係でシドニーより約4時間早く)約2時間の本編が上映された。

“世界最速”でこの夏の話題作に立ち合えたAin't It Cool News、Cinematical、Film School Rejects、Twitch、Hollywood Elsewhere、CinemaBlendのオンラインライターたちはすぐさま、その夜の興奮をニュース記事にし、最速のレビューを一斉に掲載した。どれもこれも大絶賛の嵐であるのは言うまでもない。

TVや新聞や雑誌で華やかに宣伝されたシドニーのワールドプレミアに比べ、オンラインで宣伝されるこちらは作品の内容本位。エイブラムスと米パラマウント・ピクチャーズが仕掛けた前代未聞のスニークプレミアにより、全米の映画サイトは「スター・トレック」の話題で持ちきりだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi