「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」本編がネット流出。事件の真相は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月9日 > 「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」本編がネット流出。事件の真相は?
メニュー

「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」本編がネット流出。事件の真相は?

2009年4月9日 12:00

NO MORE映画泥棒!「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

NO MORE映画泥棒!
(C)2009 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ヒュー・ジャックマン主演の「X-MEN」シリーズ最新作「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」(5月1日全米公開)の高画質な本編映像が、何者かによって公開1カ月前にインターネットに流出。世界中で膨大な数のコピーがフリーダウンロードされる大事件となった。

20世紀フォックスが違法漏洩に気づいたのは、3月31日19時ごろ。今回流出した映像は、編集の済んでいないラフカット版で、サウンドトラックも仮のものであり、映像も最終版より暗いという。だが、その映像は4月1日までにファイル共有サイトなどを通じて、無数にダウンロードされる最悪の事態となった。

フォックスは早速4月1日に、「FBIと米映画協会(MPAA)と共に、この犯罪の調査に積極的にあたっている」との声明文を発表。また、3日にはフォックスのトム・ロスマン会長が米エンターテインメント・ウィークリー誌に、「出回ったバージョンは未完成なものです。最終版より10分間短く、キーシーンもなく、未編集で、何もエフェクトが行われていません」と今回の流出された映像の内容について語り、ポストプロダクション以前のバージョンであることを強調した。

フォックスは今回の流出事件の犯人特定を急いでおり、映像の数シーンに(出所を示す)ウォーターマークがあったことから、SFXチームの一つであるオーストラリアの「ライジングサン」という下請け会社が容疑グループとして浮かび上がった。しかし、同社はその容疑を真っ向から否定した。

米映画サイトCHUD.comの記者デビン・ラファシのレポートによると、同作はポストプロダクションのさまざまなパートが数多くの下請け会社に任されており、本編映像がDVDで頻繁にやりとりされていたそうだ。現場のデスクからその映像を盗むのは誰にでも容易なことであり、同記者は犯人の特定は難しいのではないかと記している。

フォックスは今回の流出事件の損害を試算しているが、MPAAと海賊版対策の専門家は、興行収入の損害額は数千万ドル(数十億円規模)に及ぶと見積もっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi