リンジー・ローハンがレズの恋人サマンサ・ロンソンと泥沼の破局劇 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月8日 > リンジー・ローハンがレズの恋人サマンサ・ロンソンと泥沼の破局劇
メニュー

リンジー・ローハンがレズの恋人サマンサ・ロンソンと泥沼の破局劇

2009年4月8日 12:00

最近の激ヤセぶりはドラッグのせい?

最近の激ヤセぶりはドラッグのせい?
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リンジー・ローハンが、恋人でDJのサマンサ・ロンソンと破局したことを、4月6日、米E!オンラインに認めた。

リンジーとサマンサは昨年5月、カンヌ国際映画祭のパーティに揃って登場し、突然のレズビアン交際で世間を驚かせた。しかし、最近は2人の不仲がたびたび取りざたされており、先週末も米ウエストハリウッドのホテル、シャトー・マーモントのバーで開かれたサマンサの双子の姉でデザイナーのシャーロットのパーティで、リンジーとサマンサが口論する姿が目撃された。

米アス・マガジン誌に関係者が語ったところによると、「サマンサは、セキュリティにリンジーを締め出すよう指示していた」とのこと。「リンジーは傷ついていたが、サマンサはシャーロットのパーティをリンジーにぶち壊してほしくなかったんだ」

これに対し、リンジーに近い関係者は、サマンサ一家が同ホテルのリンジーのすぐ下の部屋を取り、大音量で音楽を聴いていたと証言。リンジーはこの日、コミュニティサイトのツイッターにサマンサへのメッセージとして、「頼むから私のことはほっといて。私の下の部屋に泊まるのもやめて。私と母親が寝られないのよ、早く寝て」と書き込んでいる。

一方、米OK誌は、サマンサの母アンと姉シャーロットが、今後リンジーがサマンサに接触しないようビバリーヒルズ警察に要請したと伝えた。シャーロットは「リンジーが私のパーティに入り込もうとしたから、セキュリティに注意してもらったの。そうしたら彼女はホテルの私たちの真下に部屋を取ったのよ。兄マークのこともつけまわして関係を持ったの」、アンは「リンジーはドラッグをやってたわ。彼女は自傷行為もしてるの。とにかくサマンサの注意を引こうとしているのよ」と担当者に直訴したようだ。

米ゴシップ各誌の報道を見ると、リンジーとサマンサ一家の言い分は真っ向から対立しており、破局は泥沼の様相を呈している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi