故モーリス・ジャール氏のドキュメンタリーが大阪で追悼上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月6日 > 故モーリス・ジャール氏のドキュメンタリーが大阪で追悼上映
メニュー

故モーリス・ジャール氏のドキュメンタリーが大阪で追悼上映

2009年4月6日 12:00

「アラビアのロレンス」ファンはぜひ!「アラビアのロレンス」

「アラビアのロレンス」ファンはぜひ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビッド・リーン監督の「アラビアのロレンス」(62)、「ドクトル・ジバゴ」(65)、「インドへの道」(84)で米アカデミー作曲賞を3度受賞した映画音楽の巨匠、フランス人作曲家のモーリス・ジャール氏が3月29日、米ロサンゼルスの自宅で永眠した。84歳だった。晩年はガンを患っていた。

1924年、仏リヨン生まれ。60年代にハリウッドに進出し、ロサンゼルスを拠点に映画音楽を手がけたジャール氏の作品は150本以上。アカデミー作曲賞ノミネートは上記以外に、「刑事ジョン・ブック/目撃者」「ゴースト/ニューヨークの幻」など9回を数えた。また、「首都消失」「クライシス2050」「落陽」といった日本映画にも参加している。

昨年11月には健康状態がすぐれないなか、第15回大阪ヨーロッパ映画祭の名誉委員長として来日。上映された「アラビアのロレンス」ニュープリント版のPRに努め、リーン監督との数々の思い出話を披露。大阪や東京での同映画祭のイベントを精力的にこなしていた。

大阪ヨーロッパ映画祭事務局は、亡きジャール氏を追悼し、昨年の同映画祭のオープニングを飾ったドキュメンタリー映画「モーリス・ジャールの軌跡」(パスカル・クエノ監督)を、4月18日・19日の両日、大阪プラネットプラスワンスタジオにて緊急上映することになった。

同作は、彼の業績を音と映像と関係者の証言で振り返る作品。自らの経歴や作曲法を語るジャール氏本人のインタビューやデビッド・リーン監督作品の製作秘話はもちろん、オマー・シャリフ(「アラビアのロレンス」「ドクトル・ジバコ」)、フォルカー・シュレンドルフ監督(「ブリキの太鼓」)、ピーター・ウィアー監督(「いまを生きる」)らの証言が収録されている、映画音楽ファン必見の作品だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi