アジア一の美女リン・チーリン、流暢な日本語で初写真集PR! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月6日 > アジア一の美女リン・チーリン、流暢な日本語で初写真集PR!
メニュー

アジア一の美女リン・チーリン、流暢な日本語で初写真集PR!

2009年4月6日 12:00

台湾トップモデルの美貌を写真集でたっぷりと「おくりびと」

台湾トップモデルの美貌を写真集でたっぷりと
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「レッドクリフ」のヒロイン・小喬(トニー・レオン演じる周瑜の妻)役で華々しい女優デビューを飾った台湾のトップモデル、リン・チーリンが、日本で初の写真集「林志玲(リン・チーリン)ビジュアルファンブック」を刊行。4月3日、東京・銀座の福家書店で発売記念サイン会を行い、約300名のファンが集まった。

“アジア一の美女”との呼び声が高いチーリンは、本国の台湾や中国本土のCMやTV番組で活躍。常にマスコミの注目を浴びるセレブリティであるが、女優として「レッドクリフ」のヒロインに抜擢されてから、日本での知名度も一気に急上昇中だ。

写真集には、チーリンとジョン・ウー監督のインタビューのほか、写真家・藤代冥砂撮りおろしのグラビア企画「Tokyo Photo Session」も収録。日本語による直筆履歴書も公開されている。彼女は2000年に3カ月間、日本語を学ぶため東京・渋谷の語学学校に短期留学した経験もあるという。

写真集の出来に満足げな様子のチーリンは、「お気に入りのカットは藤代さんに撮ってもらったもの。大好きなお台場で撮影しました。とてもナチュラルな姿が撮れました。感動しちゃいました」と、流暢な日本語で語った。日台観光キャンペーンの親善大使を務めるなど、日本と縁の深い親日家の彼女は、「一番好きな日本語は『一生懸命』。これからも日本語の勉強をして、仕事でも何でも頑張ります。食べ物はラーメンが好き。台湾のものとは違っていて、とてもおいしい。好きな場所は北海道です」と、かなりの日本通。


画像2

[拡大画像]

エイベックスがマネージメントを担当し、今後日本での活躍も期待されるチーリン、今のところ具体的な話は決まっていないが、「先日『おくりびと』を見ました。素晴らしい映画。いつか本木(雅弘)さんと共演してみたい」と、大きな瞳をいっそう輝かせた。

「林志玲ビジュアルファンブック」は学習研究社より1575円(税込)で発売中。彼女が出演した「レッドクリフ Part II/未来への最終決戦」は4月10日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi