リーアム・ニーソン、妻ナターシャの死後初の現場へ。新作の撮影を終了 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月1日 > リーアム・ニーソン、妻ナターシャの死後初の現場へ。新作の撮影を終了
メニュー

リーアム・ニーソン、妻ナターシャの死後初の現場へ。新作の撮影を終了

2009年4月1日 12:00

[映画.com ニュース] スキー中の転倒事故による脳損傷のため女優ナターシャ・リチャードソンさんが3月18日に急逝したが、彼女の夫で俳優のリーアム・ニーソンが、事故当時に撮影中だったアトム・エゴヤン監督作「クロエ(Chloe)」の現場に復帰、無事に撮影を終了させたと米ピープル誌が報じた。

ナターシャさんの事故は、カナダ・モントリオール近郊のスキー場で起こった悲劇だったが、事故当時、同じくカナダのトロントで同作の撮影中だったニーソンは、知らせを聞いてすぐに妻のもとに駆けつけていた。ナターシャさんはその後、ニーソンらに付き添われてニューヨークの病院に搬送されたが、2日後に亡くなった。

クロエ」は、ジュリアン・ムーアアマンダ・セイフライドら共演のスリラー。ニーソンの復帰を待って先週27日にすべての撮影をトロントで終了、無事クランクアップしたという。

ナターシャさんは3月22日、ニューヨーク州ミルブルックの自宅近くの墓地に埋葬された。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi