「スター・トレック」続編が早くも発進。脚本家チーム決まる! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年4月1日 > 「スター・トレック」続編が早くも発進。脚本家チーム決まる!
メニュー

「スター・トレック」続編が早くも発進。脚本家チーム決まる!

2009年4月1日 12:00

エンタープライズ号、再発進!「スター・トレック」

エンタープライズ号、再発進!
(C)2008 Paramount Pictures. Star Trek and Related Marks
and Logos are Trademarks of CBS Studio Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] J・J・エイブラムス監督のSF超大作「スター・トレック」の全米公開(5月8日)まで1カ月あまり。パラマウント・ピクチャーズはその続編製作に向け、早くも始動。ロベルト・オーチーアレックス・カーツマンデイモン・リンデロフの3人の脚本家が雇われ、脚本作業をスタートさせた。なお、この続編は映画版「スター・トレック」として第12作となる。

オーチーとカーツマンは前作「スター・トレック」の脚本家兼エグゼクティブプロデューサー。映画「トランスフォーマー」シリーズの脚本家として知られ、エイブラムス制作のTVシリーズ「エイリアス」や「フリンジ」の脚本を手がけている。一方のリンデロフは前作のプロデューサー。エイブラムスとはTVシリーズ「LOST」で共同クリエイターを務めている。その3人は同時にプロデューサーとしてクレジットされることになった。

米バラエティ誌によると、前作で監督兼プロデューサーを務めたエイブラムスは続編で、バッドロボットのブライアン・バークと共にプロデューサーを務めるが、メガホンを取るかどうかはまだ決定されていない。

リンデロフは同誌に「まだ公開されてもいない映画の続編の脚本を執筆する契約を結ぶなんて、明らかにすごく傲慢なことだね(笑)。しかし、我々が物語を前進させることになる第1作が、ホントに楽しみでならないんだ」とコメント。

カーツマンもまた、「言うまでもなく、我々はアイデアについて議論しているが、来月に(前作に対して)観客がどのような反応をするか見守りたいと思うんだ。フランチャイズ映画が再出発すると、第1作はどうしてもオリジンを描くものになる。しかし、第2作で観客をワクワクさせる仕掛けをもっとたくさん盛り込める。何をやろうと、野心的になれるからね」と語っている。

続編の脚本はまだ作業が始まったばかり。脚本家3人は、2011年夏の公開を実現するため、今年のクリスマスまでに完成させるという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi