ディズニー名作を支えたメアリー・ブレアの回顧展開催。ジブリも協力 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月25日 > ディズニー名作を支えたメアリー・ブレアの回顧展開催。ジブリも協力
メニュー

ディズニー名作を支えたメアリー・ブレアの回顧展開催。ジブリも協力

2009年3月25日 12:00

「ふしぎの国のアリス」コンセプト・アート「シンデレラ」

「ふしぎの国のアリス」コンセプト・アート
(C)©isney
[拡大画像]

[映画.com ニュース] かわいらしい独自の色彩感覚で往年のディズニー・アニメ作品を支えた女性アーティスト、メアリー・ブレアの作品が一堂に会する回顧展「メアリー・ブレア展」が、スタジオジブリ企画・協力のもと、7月18日から東京都現代美術館で開催されることが決定した。

メアリー・ブレア(1911-78)は、ディズニー映画のカラースタイリングや、ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインを手がけたアーティスト。米国オクラホマ州で生まれ、大学在学中に水彩画家としてそのキャリアをスタートさせた後、1939年にディズニーに入社、ウォルト・ディズニーに出会う。鮮やかな色彩センスで彼の信頼を得たメアリーは、「シンデレラ」(50)、「ふしぎの国のアリス」(51)、「ピーター・パン」(53)などの名作ディズニー・アニメで才能を発揮した。

ディズニー退社後は、フリーとして絵本の挿絵、舞台デザイン、商品パッケージや広告も手がけ、ウォルト・ディズニーの依頼でデザインした「イッツ・ア・スモールワールド」は、ディズニーランドの人気不動アトラクションとなった。

展覧会では、彼女の膨大な作品群からスタジオジブリが厳選した約500点のほか、さまざまな写真や愛用品、映像も展示。米国でもまだ働く女性には厳しかったと言われる時代に、アーティストとして活躍した彼女の生涯をたどることができる。

チケットは5月10日より一般発売。3月18日から5月9日までは、ローソンチケットで限定先行発売され、もれなく特製メモパッドが付属する。「メアリー・ブレア展」は10月4日まで開催。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi