成宮寛貴&水嶋ヒロ、品川監督の「ドロップ」への熱い想いを告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月23日 > 成宮寛貴&水嶋ヒロ、品川監督の「ドロップ」への熱い想いを告白
メニュー

成宮寛貴&水嶋ヒロ、品川監督の「ドロップ」への熱い想いを告白

2009年3月23日 12:00

品川監督がツッコミ通しの天然キャラが勢揃い「ドロップ」

品川監督がツッコミ通しの天然キャラが勢揃い
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシが、自伝的小説を自らのメガホンで映画化した「ドロップ」の初日舞台挨拶が、3月20日、東京・新宿の角川シネマ新宿にて行われ、主演の成宮寛貴水嶋ヒロをはじめ、本仮屋ユイカ上地雄輔中越典子、品川監督ら総勢10名が登場した。

映画「ドロップ」は、不良に憧れて私立校から公立の中学校へ転校した主人公ヒロシ(成宮)と、カリスマ不良の達也(水嶋)ら不良仲間たちとの友情を軸に、恋やケンカに奮闘する不良少年たちの姿を描いた青春ストーリー。原作小説は、「クローズ」の漫画家・高橋ヒロシのキャラクターデザインによりコミック化され、ベストセラーになっている。

品川監督は「映画化のお話をいただいてから丸2年、この日を無事に迎える事ができて本当にうれしい。勢いのあるメンバーの真ん中に立たせてもらって夢のよう」と感無量の表情を見せた。

品川監督、成宮、水嶋の3人は、同日朝に沖縄国際映画祭にて上映された本作の舞台挨拶にも出席。その後すぐに東京での舞台挨拶のためにトンボ返りするという超ハードスケジュールだったが、成宮と水嶋は満員の観客を前に満面の笑顔で、「感動に尽きます。(白いスーツを着て)皆から『結婚式?』と突っ込まれたけど、『ドロップ』となら結婚してもいいかな」(成宮)、「最初はお笑い芸人が監督をすることに半信半疑の部分もありましたが、完成した映画を見て、これ以上素晴らしい作品があるだろうかと思った」(水嶋)と主演作への熱い想いを語った。

イケメン俳優として映画にTVに大活躍の成宮と水嶋だが、品川監督は撮影を通して「2人とも意外と天然だったり少年のようなところがある」と感じたそうで、「ヒロくんは自分の腕にあるホクロを虫と間違えて思いきり叩いていたし、成宮くんはNGを出すと駆け寄ってきて僕の肩や膝をこするんです」と暴露。さらに舞台挨拶では本仮屋、上地、中越らが天然発言を連発し、品川庄司ではボケ担当の品川監督も、この日はツッコミに大忙しだった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi