ブラッド・ピットが、ジョン・ル・カレのスパイ小説を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月18日 > ブラッド・ピットが、ジョン・ル・カレのスパイ小説を映画化
メニュー

ブラッド・ピットが、ジョン・ル・カレのスパイ小説を映画化

2009年3月18日 12:00

製作だけでなく主演にも期待「寒い国から帰ったスパイ」

製作だけでなく主演にも期待
[拡大画像]

[映画.com ニュース] パラマウント・ピクチャーズがイギリス人作家ジョン・ル・カレのスパイ小説「ナイト・マネジャー」の映画化権を獲得、ブラッド・ピットの製作会社プランBがプロデュースを手がけることが分かった。米バラエティ誌が報じた。

同作は、93年に出版された長編小説で、スイスの名門ホテルのナイト・マネジャーを務める主人公が諜報機関のエージェントとなり、過去に自分の愛する女性を死に追いやった武器商人に接近するというストーリー。

レイフ・ファインズ主演の政治風刺劇「Land of the Blind」(06)の監督と脚本を務めたロバート・エドワーズが脚色にあたる。エドワーズ自身、湾岸戦争中には情報部員だった経歴を持つという。

スパイ小説を多数発表しているル・カレは、「寒い国から帰ったスパイ」「ナイロビの蜂」などの映画の原作者としても知られている。

なお、ピットが出演するかどうかについては、現在のところ何も報じられていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi