「映画は映画だ」で復帰したソ・ジソブ、「自分には演技しかない!」と実感 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月13日 > 「映画は映画だ」で復帰したソ・ジソブ、「自分には演技しかない!」と実感
メニュー

「映画は映画だ」で復帰したソ・ジソブ、「自分には演技しかない!」と実感

2009年3月13日 12:00

兵役を経て演技への情熱を再認識「映画は映画だ」

兵役を経て演技への情熱を再認識
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国映画界の鬼才キム・ギドクが原案と製作を手がけた話題作「映画は映画だ」(チャン・フン監督)の主演ソ・ジソブがインタビューに応じた。韓国ドラマ「ごめん、愛してる」「バリでの出来事」の大ヒットでトップスターとなったジソブにとって、本作は兵役後、初の本格的な復帰作である。

ジソブが演じるのは、映画俳優の夢を捨てきれないヤクザのガンペという男。そんな彼がヤクザよりも暴力的でプライドが高い映画俳優のスタ(カン・ジファン)に誘われ、映画出演を果たすことから物語は始まり、劇中ではスタから「お前は演技がどんなものなのか、分かっているのか」と問いただされるシーンもある。

「『演技とは何か?』、その答えを出すことは、兵役でしばらく俳優の世界から遠ざかっていた私自身にとっても、大きな課題でした」と語るジソブ。復帰作ということで若干のプレッシャーも感じながら、ガンペという男に自己投影し、演技のカンを取り戻していったという。「とはいえ、演技というものを定義付けることは難しい。答えはいつまでも分からないかもしれません」


ジソブが演技への愛を再確認した「映画は映画だ」「映画は映画だ」

ジソブが演技への愛を再確認した「映画は映画だ」
[拡大画像]

しかし、撮影を通して、自分自身が演技を愛していることを再認識したそうだ。「俳優に憧れていたガンペを演じながら、私の心の中からも『演技がしたい』という気持ちが湧き上がるのを感じました。俳優という仕事は一見華やかでも、実際には悲しい思いやつらい経験をすることもあります。それでもソ・ジソブという人間には演技しかないのです」

最近では日本映画「ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌」や、チャン・ツィイーと共演した韓中合作映画「ソフィーの復讐」に出演し、海外進出も果たしているジソブは、「チャンスがあれば今後も海外の作品に出演したい」と抱負を語る。「常に新しいキャラクターに挑戦したいです。今回演じたガンペはヤクザですが、根はいい人間でした。今後は悪役も演じてみたいですね」と、さらなる俳優道の追求に意欲を見せた。

映画は映画だ」は3月14日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi