“超ハンサム”な谷原章介が語る。「いかに等身大の自分を受け入れるか」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月13日 > “超ハンサム”な谷原章介が語る。「いかに等身大の自分を受け入れるか」
メニュー

“超ハンサム”な谷原章介が語る。「いかに等身大の自分を受け入れるか」

2009年3月13日 12:00

間もなく3児のハンサムパパに!「ハンサム★スーツ」

間もなく3児のハンサムパパに!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気放送作家、鈴木おさむが手がけたオリジナル脚本を映画化した「ハンサム★スーツ」のDVDが3月13日に発売される。本作は、着るだけでハンサムになれるという“ハンサム・スーツ”を手にしたブサイク男の琢郎(塚地武雅)が、恋に奔走する姿を描いたコメディ。琢郎が変身した超ハンサムなファッションモデル、杏仁役を演じた谷原章介に話を聞いた。

ルックスは正反対だが、実は同一人物。そんなユニークな設定のもと、谷原はこれまで以上に弾けたテンションで、ハンサムに変身したブサイク男を喜々として演じているが、それは単に勢いに任せた演技ではないという。「コメディであればあるほど、それって本当に面白いのかっていう部分でシビアになりますね。例えば、笑いの間(ま)だったり。勢いがある役柄ですが、むしろドライかつ客観的に自分の芝居を見ていました。コメディ演技という点では自分にとって一つの集大成だと思うし、達成感も大きかったです」

お気に入りのシーンは、塚地演じるブサイク男、琢郎がある出来事をきっかけに自分を見つめ直す場面だ。「塚地さんが鏡の中の自分に向かって『お前ブサイクやなー、でもそれでいいんやでー』って。あそこのシーンがすごく好きですね。人間、いかに自分を等身大で受け入れるか。すべてはそこだと思うんです」


映画「ハンサム★スーツ」の1場面「ハンサム★スーツ」

映画「ハンサム★スーツ」の1場面
(C)「ハンサム★スーツ」製作委員会
[拡大画像]

本作公開時にはこっそり上映館に足を運んだという谷原は、「お客さんの反応がとても良くてうれしかったですね」と笑顔のコメント。これからDVDで作品を見るファンに対しては、「ある意味、破天荒な作品なんですけど、ムチャクチャ笑えて、胸があったかくなる作品。これを見ればきっと一歩前に踏み出すエネルギーがもらえるはず。大切な人と一緒に見て、ハッピーになってほしいです」とメッセージを送った。

なお、本作から生まれた新作スペシャルドラマ「ハンサム★スーツ THE TV(仮題)」が、3月31日に関西テレビ、フジテレビ系列にて全国放送されることも決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi