カン・ジファン「『花より男子』の若い俳優には負けていられない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年3月9日 > カン・ジファン「『花より男子』の若い俳優には負けていられない」
メニュー

カン・ジファン「『花より男子』の若い俳優には負けていられない」

2009年3月9日 12:00

韓国でも「花より男子」大人気のあおり?「映画は映画だ」

韓国でも「花より男子」大人気のあおり?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国ドラマ「がんばれ!クムスン」「京城スキャンダル」の大ヒットで日本でも人気急上昇中のカン・ジファンが、映画初主演を果たした韓国映画「映画は映画だ」のジャパンプレミアが3月7日、東京・新宿の新宿ミラノ1で開催され、来日中のジファンが舞台挨拶を行った。

本作は、映画俳優の夢を捨てきれないヤクザのガンペ(ソ・ジソブ)が、ヤクザよりも暴力的でプライドが高い映画俳優スタ(カン・ジファン)に誘われ、映画出演を果たすというヒューマンドラマ。ジファンはそれまでの端正で優しいイメージから一転し、荒々しい役柄で新境地を開拓した。

満席となった会場内を見渡し「すごいですね」と日本語で感想を語ったジファンは、「皆さんがこの作品をどう受け取って下さったのか、とても気がかりで緊張しています」とコメント。初の本格的な映画出演を決断した理由については「以前から、もっと男らしい役柄を演じたいと思っていたところ、この映画のシナリオと出会い、スタという男に魅せられた」と語り、初めて自分の演技をスクリーンで見た感激についても「この感動は忘れられません。一度映画に出たら、また挑戦したいと思う俳優さんの気持ちがとてもよく分かりました」と笑顔で振り返った。

一方で「最近、韓国では『花より男子』のF4が大人気で、僕もつらいんです(笑)。若い俳優に負けないためにも、僕自身、肌の手入れをしたり、体を鍛えたり頑張っているんですよ」と思わぬ苦労を告白。再び日本語で「僕だけを見て」とファンにアピールし、客席のあちこちからは大きな歓声が沸き起こっていた。

映画は映画だ」は3月14日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi